2007年07月28日

女子十二楽坊発売元が自己破産へ

 一世を風靡した、という言葉がまさに当てはまる中国美女集団(いや、民族楽器ユニット)「女子十二楽坊」の日本発売元レコード会社が、自己破産手続きを進めていることがわかった。当時、外食ビジネスのコンサルティング、店舗運営などさざまな異業種を展開していた(株)プラティアの子会社として発足、社長の塔本氏は大手レコード会社で「おニャン子クラブ」やエンヤを大ヒットさせた名物宣伝マンとして知られてきた。

 いきなり強気の戦略で成功した「女子十二楽坊」は、大量のテレビCMや番組タイアップ、メジャーどころのJ-POPカバーなどでダブルミリオンに迫るヒットとなったが、そのあとの彼女らの人気持続、その後のヒットアーチストが続かなく、大手メーカー中心の業界に一石を投じるまでには至らなかった。「イエスタデイ」でブレイク間近と言われたsacra、実力派ボーカルを擁したVo Vo Tauなど、僕も注目していたアーチストが複数いただけに、今回の破産手続きは残念であるとともに、プロモーション含めたアーチスト育成の難しさを改めて感じた。

 まったく同じ状況ではないが、アーチストがインディーズとして始めたものばかりではなく、販売を大手レコード会社に委託して、子会社としてCD制作に参入している異業種会社の名前を聞くことがしばしばある。現在の縮小するCD市場では、アニメ声優系やビジュアル系バンドなど、あるジャンルに特化して、それに見合った宣伝費や販売体制で望まないと、経営的にかなり厳しくなってくるだろう。ヒットしている間は委託されるレコード会社も販売に力を入れてくれるが、ブームが過ぎた途端そっぽを向かれる厳しさもあわせ持っているのがこの業界なのだ、と改めて感じた。
女子十二楽坊~Beautiful Energy~
ミューチャー・コミュニケーションズ
posted by 覆面Z at 22:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ELLEGARDENにとんだ災難?

 「J-POPよもやま」でも「メディア雑感」でもくくれないけど、何で?って思うことが多くなってきたもんで、最近「芸能エンタメ関連」ってカテゴリーを追加しました(関係ないけど、オリコンブログっていったんカテゴリー追加すると編集も削除もできないんですね・・・)。今日の話題も彼らの音楽性には関係ないし、メディアがらみでもないからココかな?

 人気上昇中バンド・ELLEGARDENが、「ELLE」ブランドで有名なフランスの出版社から商標権侵害で訴えられた。「ELLE」の文字を含むロゴ入り商品の販売差し止めが一部通ったという。グッズはおそらくライブ会場で売られているTシャツなどのアパレル関連品だと思うのだが・・・ 彼らもバンド活動時から省略形は「エルレ(ELLE)」だったんだろうし、ロゴの形まで酷似しているわけでもないし、ELLEブランドに便乗して人気を上げようとしたわけでもないから、さすがに厳しすぎる判決じゃないのって思ってしまった。事務所のコメントに注目していたが、根本は直接の音楽活動には関係ない部分での差し止めであり、仮にそれが販促グッズであっても不当として控訴していく考えのようだ。

 最近、商標登録を先回りしておさえてしまい、その業界なり分野での商品販売をできなくしてしまう動きやビジネスが出始めている。違法ではないのだけど、昨年も高校野球をにぎわせた「ハンカチ王子」と名称が大手商社から商標出願されるという騒ぎ?があった。今回のケースはちょっと違うが、こんな言いがかり?にも気を遣うことが、ただ純粋に音楽をやりたいという(特にインディーズ出身の)アーチストにとって逆風にならなければいいのだけど。
ELEVEN FIRE CRACKERS
インディペンデントレーベル
posted by 覆面Z at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

元モー娘。辻ちゃんの20代に幸願って・・・

 話題としてはちょっと旬を過ぎてしまったが、元モー娘。の辻ちゃん、結局俳優・杉浦太陽と結婚&実は妊娠も発表、というすごい結果になってしまった。舞台降板(代役は卒業したばかりの吉澤がやるみたいだが、一部には彼女も決定済のスケジュール変更を余儀なくされたとか・・・ワイドショーレベルの噂だけど^^;)、先月発表されたばかりの新ユニット「ギャルル」も脱退(こちらは何と安倍麻美が巻き込まれて?しまった。彼女もあまりにイメージが違いすぎる気が^^;;;)。周辺が必ずしも祝福ムード一色ではなく、会見も「申し訳ありません」から始まった後味の悪いものになった。

 彼女に全面的な罪をかぶせるのは酷かもしれないが、Wの相方・加護ちゃんの一連の事件→事務所解雇の時点で、何となく見えていた結末のような気もする。「ギャルル」の発表会見の時、パラパラギャルへの転身はどう見ても事務所からやらされてる感がぬぐえなかったし、コメントの端々にWへの未練が感じられた。しかも結果だけ見れば「できちゃった婚」に逃げた形。年齢的な問題で、アイドルとしてのプロ意識をそこまで求めるのが難しいなら、事務所としてこの時点で休業させるなり方法はなかったのかな、という気がする。

 で、不思議にも「アテナ」名義でシングル「ここにいるぜぇ!」が延期も中止もなく発売されたけど、これも業界側から言えば別に非常識でもなんでもないんでしょうね。タイアップ上のことや、本人自身が声優も務めているようなので・もっとも今の状態で、CDショップ側も積極的に売りたいとは思わないだろうけど。

 現時点では芸能活動は休業となっているが、彼女の精神的な部分のことを考えれば、そのまま引退してしまってもいいのかなと個人的には思う。間違っても、旦那の稼ぎが悪くて本人の不本意な形での復帰、みたいな話にならなければいいのだけど。
ここにいるぜぇ!
アップフロントワークス(ゼティマ)
posted by 覆面Z at 20:38| Comment(7) | TrackBack(0) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。