2008年03月23日

倖田は許されなかったのに・・・

 素朴な疑問。倖田來未の「羊水」発言があれだけ大騒ぎになったのに、サザン桑田佳祐の放送禁止用語発言はなぜ問題視されないんだろう。

 22年ぶりにパーソナリティを務めたニッポン放送「オールナイトニッポン」で、いわゆる女性の局部を指す俗称を2回も口にした。しかも今回の場合、桑田の新作「桑田さんのお仕事 07/08 〜魅惑のAVマリアージュ〜」発売に合わせての出演と察しはつくから、曲側もある程度緊張感を持って対応すべきだたのではないか。(現にテレビ出演時など、「AV」からエロいものを連想させようと話を持っていったり、NHK-FMではDJがわざわざ「エービー」と発音したりしていた)

 気になるのは彼の失言ではなく、倖田の時との処分の違いだ。彼女の時は担当ディレクターが降格、スタッフも大幅な入れ替えを強いられ、彼女自身もいまだ活動謹慎中。おそらく抗議の声が彼女の時ほどではなかったため、そのまま自然鎮火を狙っているんだと思うが、桑田だからエロ発言が許されるというもんでもないだろう(むしろ放送コードに引っかかることは誰より知っているはず)。僕にとっては、舞台裏に事務所なりアーチストとの力関係を感じずにいられない事件だった。
桑田さんのお仕事 07/08 ~魅惑のAVマリアージュ~(初回限定盤)
ビクターエンタテインメント
posted by 覆面Z at 08:05| Comment(16) | TrackBack(0) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

BBS炎上から見えるアーチストの本質

 先日ネットのニュースでこんなのを見つけた。

「観光地の岩に落書き 『AAA』の公式掲示板が大炎上」

 avex所属の人気ユニット・AAAのメンバーが書いたブログをめぐり、公式BBSが大炎上している。アメリカに行った際、観光地の岩にスプレーで落書きした写真をブログにアップしたからだ。BBSは荒らされ、バッシングカキコミが大量にされた。さらに、落書きしたAAAのメンバーは処分されるという噂が流れ、「クビにしないでー!」という叫びも出て、騒然としている。


 このあと記事では、「岩に…AAA♪」というタイトルの当該ブログの内容、それに対し、7月末ごろから意味不明やバッシングのカキコミが大挙登場し始めたことが紹介、それに対するファンの反論コメントなども引用されている。その後は中高生を中心とするファンのメンバー援護のコメントと、親世代を名乗る人の「お説教」コメントが綱引きしている状態になったという(ちなみにBBSは会員制でパスワードで制限がかかっており、見ようと思っても見られなかった)
 これに対するスタッフの正式コメントは8月3日付で「NEWS&INFO」コーナーに「-お詫びとご報告-」としてアップされている。

 このようなことが起きると、公式サイトでのBBSやメンバーのブログが閉鎖されたり、仮に続いたとしても厳重なチェックがかかるようになり、結局ファンにとって残念な結果になるはずだ。ファンがメンバーをかばいたい気持ちもわかるが、そのあまりコメントの文面が過激になったり、ファンやスタッフを装って火に油を注ぐような介入者を許したりしてはいけないと僕は思う。

 また、スタッフの初期対応ももう少し早くならなかったのか、という気がする。AAAファンではない僕の勝手な印象かもしれないが、メンバー脱退もいつの間に?という印象が強いのだ。
 ちなみに、来月またシングル&アルバム発売とのこと。2年でシングル16枚(×複数種発売入れたらいったい何種類?)。アーチストの育成管理、きちんとできてるんだろうか。

posted by 覆面Z at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

【緊急】作詞家・阿久悠氏逝去に想う

 昨年までテレビなどでもちらほら見かけていたので、突然の訃報に驚いた。代表曲を選ぶのに困るほどのヒット作を次々と手がけ、「演歌・歌謡曲」にはなくてはならない存在だった作詞家・阿久悠氏が1日逝去。作詞した数は5000曲以上にものぼるという。
 僕は70年代後半のアイドルポップス以前の作品はあまり知らないので、演歌系の曲には疎いのだが(それでも都はるみ、石川さゆり、森昌子・・・大体代表曲が1曲くらいは関わってます)、歌謡曲での筒見京平や都倉俊一、馬飼野康二とのタッグは最強コンビだったと思う。最近でも、阪神大震災復興シングルとして95年に出された「美し都」(平松愛理)やJR西日本のCMで彼の再評価につながった「三都物語」(谷村新司)を手がけている。クライアントからのオファーに対しては、どこまでも妥協なく的確な結果を出してくる、まさに職業作家の仕事だったと思う。
  
 個人的に印象が強いのは、やはりピンクレディー、沢田研二、西条秀樹あたりか。ピンクレディーの、子供には聞かせたくないギリギリの内容ながら(ペッパー警部とか今聴くとすごい内容だ^^)、フリを真似するくらいそれを感じさせない言葉のマジック、ジュリーのボトル片手パフォーマンスや女装から名バラード「時の過ぎゆくままに」までの振り幅の大きさ、ヒデキのワイルド路線を確立した一連のシングル群など、イメージを確立するのにも広げるのにも長けた作詞家だった。

 さすがに80年代後半以降は、特定のアーチストへの楽曲提供が中心になっていったが、それは自分の詞世界を表現してくれるパフォーマーを彼自身が吟味していたことも関係しているのかもしれない。そんな中で、田原俊彦への詞提供が意外に多いのが不思議だ(理由はわからないが・・・)。

 もう年輩の多いスナックでは追悼カラオケが始まっているのだろうか。ZARDの時の比ではなさそうなだけに、数人でよってかかっても全曲制覇は難しいかも(^^;)。
 改めてご冥福をお祈りします。

posted by 覆面Z at 22:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能エンタメ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。