2008年06月29日

08年上半期総括Al まさにEXILE Year

 続いてアルバムの上半期チャートを見ていきます。こちらの方がシングルよりアーチストのだぶりが少ない分バラエティーに富んでいて、最近のヒットの傾向が掴みやすいかも。

 ちなみに、30位の枚数は昨年も今年も約19万枚、50万枚以上セールスは昨年10作に対し今年9作、ミリオンは昨年1作に対し今年3作とあまり変わらず。シングルほど売上が大幅減という結果にはなっていないようです。配信のマーケットが食っているのは今のところシングルどまりということか。

 1位と3位にはEXILEが入りました。上期で2作ミリオンというのは史上初めてのようです(だいたい半年あけずにアルバムが出ること自体が過密スケジュールですが^^)。昨年までのシングル攻勢が今年のアルバムにつながった感があるにせよ、今の彼らの勢いは当分とまらなさそう。で、純然たるオリジナルとしては直近にない枚数を売ったコブクロは、対照的に今年のリリースはシングル含めてもこれのみ。ベスト盤もまだ売れ続けているし、今後もアルバム型アーチストとして長く残っていく地盤を築いたようです。

 以下、宇多田、ドリカム、BUMP、倖田、浜崎と第一線アーチストが順当にランクイン。個人的には、ドリカムの5位と、柴咲ベストの9位が大健闘だと思います。ドリカムは新たなピークを、柴咲はこれまでのシングルでの蓄積開花を迎えたように思いました。コブクロと激しい週間首位争いを演じたBUMPは、順位より枚数を優先したということでしょうか。

 11位以下では何と言っても徳永英明「VOCALIST」3作のランクインが目立つところ。「3」でも昨年8月リリースなので、いかに昨年からの勢いがすごかったかがわかります。あと、意外に早く下げていった印象のある平井堅、Bank Band、aikoあたりもしっかりチャート上位に入っています。枚数的には物足りなさもあるものの、シングルの4,5倍は売っているから合格点でしょうか。

 新顔ではSuperflyがシングルヒットからは予想もしないTOP20入り(18位)。青山テルマの14位、Perfumeの16位とともに今年ブレイクの代表格になりそうです。昨年の新顔であるいきものがかり、FUNKY MONKEY BABYSがTOP30に入っているのも興味深いです。ジャニーズでは暫定ながら嵐(19位)がKAT-TUN(25位)を上回りトップ。洋楽は月9にも使われたマドンナが32位でトップ。また30位台に並んだブリグリ、m-flo、BENNIE Kのベストは、アルバムならではの並びだな、という気がします。

 下半期はまだ始まったばかりですが、B'zベスト、GReeeeNの2ndなど、まだまだ大当たりのアルバムが続出しそうです。年間ではどうなっているか楽しみにしたいと思います。
EXILE LOVE(2DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
posted by 覆面Z at 23:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 年間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

08年上半期総括Sg 青山テルマ1位!

 08年上半期のチャートが発表になりました。シングル、アルバムに分けて、並びを見た感想など書いてみようと思います。

 昨年上半期は30位で約12万枚、今年は約11万枚。もう少し枚数が落ちているかと思ったが、30位近辺で比較する限りあまり変わらなかったようですね。ただ、50位で見ると6万枚台、ということは年間総合の100位もおそらくこのあたりで推移しそうで、ジャニーズ勢だと初動一発でクリアしてしまうレベルってのは、やっぱり低いと思いますけどね(^^;)。

 その証拠に、TOP10のうちKAT-TUNとNEWSが各2作、嵐が1作と5作がジャニーズ。11位〜20位もジャニーズが5作。KinKi Kidsがシングルを出していないこととSMAPの不振を考えれば、上位は過半数になる可能性もあったわけで、この偏りは近年でも最も著しいですね・・・

 昨年は早くも秋川雅史が首位がためをし、宇多田ヒカルが復活するなど上位陣もそれなりに一斉を風靡した感があったけど、あれだけ売れたと思った青山テルマが1位で40万枚台、50万枚を超えた曲が1曲もなかったのもさびしい限り。羞恥心とGReeeeNがKAT-TUNを抜けるかどうかくらいで、安室、すぎもとまさとあたりも売上はこんなもんだったんですね・・・ B'zもシングルの方は20万枚届かずか。下期はミスチル、サザン、コブクロ、EXILE、このへんのシングルに期待したいところ。

 一方で、新人やニューカマーの活躍という見方をすると、青山にジェロ、清水翔太、RADWIMPS、Hey!Say!JUMPと、バンドからR&B、アイドル系まで顔ぶれが結構そろっているのも興味深いです。やや若手〜中堅あたりがさびしいのかな。アルバムでは違う並びになるんだろうけど、YUIくらいしか女性ソロがいないのがさびしい限りですね。

 あと、ドラマやアニメタイアップ依存なのも相変わらずですね。電王関連2曲、マクロス関連2曲、Aqua Timezは「ごくせん」効果、山下達郎の復活も月9がらみだし。こうしてみると、ラルクやaiko、ケツメイシあたりはファン層が固まりつつも安定してますね。最後にZARDが2曲ランクイン。昨年のムーブメントを引きずっていますが、下期にももしかしてシングルが出るんでしょうか。もうそろそろチャートから解放してあげてもいいような気がします・・・

posted by 覆面Z at 19:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 年間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

07's好曲番外2 新人α+中堅勢

 本当は後半は中堅〜ベテラン勢を書こうと思ったが、曲を選んでいったら結構新人中心になってしまった。僕がもともとファンのミスチル、小田和正、ELT、Cocco、アジカン・・・このへんはいまいちがーんと来る作品がなかったんですよね。ということで後半の6曲です。

●Lovers Again/EXILE
 これって06年じゃなくて07年だったんですね・・・おそらくカラオケで昨年歌ったBEST3にはいると思う。新メンバーになってからのEXILEの曲では一番(ただあまりにも売れた上代表曲になっちゃったので10曲のところでは推すのをためらって^^;)。惜しむらくは、これメンバー作じゃないんだよね・・・(さすが松尾潔、ヒット曲のツボをおさえてるって感心したけど)

●イケナイ太陽/ORANGE RANGE
 忘れちゃいけない夏の代表曲。彼らの開き直りが生んだ?わかりやすいメロディー、狙いすぎていない言葉選び、でもって本来のちょいエロさ&遊び心も忘れていない。レトロなGSサウンドを07年の彼ら風に解釈した「パクリ」も、このレベルならノープロブレムだと思う(「イカSUMMER」がどうしたの・・・って作品だったから)。ベスト盤&この曲明けの08年、さてどう動く?

●Beautiful Life/w-inds.
 彼らの楽曲のレベルの高さ、新たなジャンルへのトライはいつもすごいな〜と思って楽しみにしてます。「LOVE IS THE〜」までいくと高音の聞き苦しさが先行したけど、初のドラマ主題歌ともなったこの曲くらいが持ち味として合ってるかと。慶太ソロ「Friend」のような、思いが走るタイプの歌は声的にまだちょっとキビシイ気がしたので・・・元旦発売のベスト盤、いいです(^^)。

●恋しよう♪/リア・ディゾン、空色デイズ/中川翔子
 ここでもひとくくりにするのか!と叱られそうですが(アキバ系ではくくらないので^^)、アイドルポップスの見本のような2曲。リアの方は細い声を軽めの電子音アレンジでうまく飾って、サビが残るようにうまく作った構成。一方しょこたんは歌の入りの声のインパクトでまず耳をひきつけて、正統なBメローサビに持っていく力強い曲。面白かった。

●ズッコケ男道/関ジャニ∞ 
 07年のジャニーズの曲は結構アンパイ狙いでいまいちピンと来るのがなかった・・・で、NEWS「weeeek」と関ジャニだけは例外でしたね。特にこの曲は実質の彼らの出世作。ジャニーズだけでなく、他のアーチストとも立ち位置が被っている人がいないのが強いと思う。それにしても今年はドラマの準主役にも順次進出していきそうな勢い、本当に層が厚いわ・・・

 ということで、いよいよ08年モードに入ります(^^)。
恋しよう♪(初回限定盤)(DVD付)
ビクターエンタテインメント
空色デイズ(DVD付)
ソニーレコード
posted by 覆面Z at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 年間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。