2005年12月23日

05総括1・*~アスタリスク~

 いよいよ今年も10日を切りました。気がついたところから今年の総括および覆面Zの私的ベスト10をしばらく書いていこうと思います。

 今年も出す曲すべてヒットのORANGE RANGE。「musiQ」はアルバム年間首位となり、シングル4枚もすべて30万枚超えの売上。パクリ疑惑やメンバー脱退など世間を騒がす事件も多かったが(パクリ疑惑については「ヒット曲が世界を変える」の記事もぜひ)、今年の彼らを見るたび、出す曲出す曲ヒットの重い宿命を背負わされて、がんじがらめになっていくのを感じずにはいられなかった。

 そんな中唯一引っかかったのがこの曲。ケツメイシ「さくら」のヒットで影が薄くなった印象があるが、この曲には大ヒットした「花」からのブレイクスルーの気概が感じられる。シングルとしてのキャッチーさと健全路線を保ちつつ、どこまでラップ部分で自分らしさを出し、ラウドな線をぎりぎり狙えるかが集約されている。「以心電信」「チェスト」「ミチシルベ」のいいとこどりをしたような曲である。構成自身はややワンパターンではあるが、いつも以上に曲の起伏があってラストスパートの勢いや最後のコード進行など、最後まで手抜きがなかった。タイトルにもそうくるか~とやられたものだ。

 その後のシングル「ラヴ・パレード」は明らかに守りに、「お願い!セニョリータ」は「ロコローション」の2番煎じ、「キズナ」でさらに守りに入ってしまったように思う。これら3曲はメガタイアップで、作りたいように作れなかった足かせもあったのだろう。彼ら自身も本当は、ライブで必ずやる「キリキリマイ」のような曲をやりたいのではないか。来年はシングル表題曲で出してほしい。「musiQ」を聴いて、シングルとアルバムの落差を感じた人たちのためにも。
posted by 覆面Z at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005年総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。