2006年01月03日

05総括7・風花

 男性ソロ不在のことを昨年書いたが、個人的に頑張ってたなあ、と思うアーチストがもうひとりいる。3曲のシングル+ベスト盤発売と精力的なリリースが続いた森山直太朗。髪形を変えて人相が悪くなり、その歯に着せぬ言動から好き嫌いが分かれそうなアーチストだが、シングル3作とも予想以上の出来だったと思う。

 これまで「生きとし生ける物へ」のような壮大な超大作的作品が多かった彼ですが、「時の行方~序・春の空~」ではさくらとはまた違った季節感、「小さな恋の夕間暮れ」では小粋な恋愛世界を、そして「風花」ではNHK朝ドラ主題歌にふさわしい透明感を演出し、新境地を開いた1年だったと思う。特に「風花」では曲の半分くらいがファルセットで、自分の声の魅力を最大限に生かした曲づくりがなされていたように感じた。

 個人的には、ベスト盤についていた「雲版」のような、ギター一本で弾き語ったような、あまり創りこんでいない作品も今後聴いてみたい。こだわりのありそうな人だから、多くの作品は望めそうもないが、もう「森山良子の息子」の肩書きは不要。立派なアーチストになったもんだ、と感じた。
posted by 覆面Z at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005年総括 | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

05総括6・ファンタスティポ

 05年中に終わらなかった05年総括(笑)。一応あと5曲発表があるので、最初の週間チャートがあるまでの間紹介していきたいと思います。

 昨年も止まらなかったジャニーズ旋風。11月に発売された修二と彰が年間シングルトップ、SMAPも上位に3曲をランクインさせるなど、まったくスキなし、という印象でした。そんな中で一時僕のヘビーローテーションになったのがトラジ・ハイジのこの曲。同名の映画主題歌ということで、KinKi・剛とTOKIO・国分による期間限定ユニットとして発表されましたが、実はこれが伏線にあって、修二と彰の成功があったんじゃないかと個人的には思うのです。

 役柄をユニット名にしたこと、ちょっと懐かしめのサウンド(内容こそ違えど)、そしてフィクション度の濃い詞の世界。しかもこの曲の場合、国分がうまく剛のハモリ側に回っていて、音楽的にもさりげなく高度な技を使っているな、と感じました(剛の歌の個性が逆に前に出ていた)。よく聴くと詞の内容には意味不明なところもあるのですが、何か素晴らしい世界に連れてってくれる感があるんですよね、この曲には。

 ジャニーさんがそこまで意図的に仕組んでリリースしていたとしたら、まさに恐るべし、です。今年はどんなユニットが飛び出すのやら。
posted by 覆面Z at 19:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 2005年総括 | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

05総括5・夢の真ん中

 今年も男性ソロ冬の時代は終わらなかった。オリコン年間シングルチャートの男性ソロ1位はなんとマツケン(その次は氷川きよし・・・)。アルバムは平井堅が実力を見せたものの、あまりにも人材が少ない。ブレイク当時から、見るからの人の良さと芸能界の不親和感から一発屋の危機をおそれていた河口恭吾も、今年はダイハツ・ムーヴカスタムで尾崎豊の「I LOVE YOU」を歌う人で終わってしまった。そんな彼の一曲入魂シングル「夢の真ん中」をあえて推したい。いろいろ聴きなおしたが、覆面Zにとっては今年1番の曲になるかもしれない。

 この曲は映画「MAKOTO」主題歌。「桜」の静のイメージが強い彼の歌だが、珍しくこの歌は静と動のくっきりとした対比を見せている。特に「サヨナラをくりかえして僕らは」と何度も歌われるサビは、彼の柔らかい地声とファルセットの微妙な音階がしっかりしたバンドサウンドにのり、それまでのイメージを覆される思いだった。穏やかになれる曲ではなく、徹底的に切ない曲だ。聴くにはそれなりに体力が入る部類、と言う意味では、彼の本流の曲ではないのかもしれないが。

 彼は一方でLeadやKinKi Kidsにも作品提供するなど、ソングライターとしての評価も高い。声と作品の良さが再びタイミングよく評価されれば、再ブレイクもありえるのではないかと思う。いや、苦労人で遅咲きの彼に、そう早く第一線から退いてほしくない。まだの人は騙されたと思って聴いてほしい1曲だ。

 なお、あと5曲あるのだが、都合により来年回しにします(どうせ新年はネタないしね。)あの曲とあの曲・・・まだ入れる曲、正直なやんでます(^^)
posted by 覆面Z at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 2005年総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。