2008年06月08日

河口恭吾「夢の真ん中」

 過去の紹介リストを見ていて、僕が個人的に好きな人を忘れていました。
 04年に「桜」が大ヒットし、森山直太朗とともに、その後毎年桜関連のヒットが出る下地を作ったともいえそうな河口恭吾。95年に一度デビューしながらレーベルとの契約が切れ、「桜」が再発されるまでインディースでの不遇の時代が続いた苦労人でもあります。

 彼の歌はいわゆる「前に前に出る」作品ではないので、ヒットチャートとの相性は本来よくないのだと思います。実際その後はヒットに恵まれず、06年のベストアルバム後レーベルを移籍、直近のシングルは昨年4月、アルバムはカバー盤という状態。だからこそ、機会があれば聞いてほしいと思う歌――「桜」を再収録したアルバムのあとに出された「夢の真ん中」(05年)というシングルです。

 この曲は彼にとって初の映画タイアップ(「MAKOTO」)でした。ピアノの旋律で静かに始まるイントロ。そのままAメロ部分の最小限の伴奏に、彼のつぶやくようなボーカルが乗っかってきます。これに対し、サビ部分はオクターブ上がったメロディーで、地声とファルセットの中間的な、ソフトだけど熱を持った声が聞けます。構成がAメロ-サビのシンプルな組合せなだけに、その対比が際立っているし、彼の「静」「動」を1曲で感じる事のできる作品といえるでしょう。「サヨナラをくりかえして僕らは~」で始まるサビの歌詞もせつなくて、でも感情を歌い込みすぎない彼のボーカルと合っていると思います。

 最近の音楽番組はトーク中心のものが多く、「桜」がヒットした時もトークでのあまりの素人ぶりに、ちょっと気の毒になるくらいだったのを覚えています。アーチストには不向きな彼かもしれないが、本業の音楽のところでは長く活動してほしいし、レコード会社も我慢強く彼を見守ってほしいと切に願いたいです。
夢の真ん中/胸の言葉
ワーナーミュージック・ジャパン
I LOVE YOU singles
ワーナーミュージック・ジャパン
posted by 覆面Z at 11:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
実は僕は「桜」よりもこの「夢の真ん中」の方が好きだったりします。上手く言えませんが、これ本当にいい曲ですよね。
Posted by たか at 2008年06月08日 20:00
>たかさん
 コメントありがとうございます。「桜」は静で柔らかい一辺倒だけど(そこが彼の武器ではあるんだけど)、この曲ではピンと張り詰めた緊張感みたいなものと両方感じられて、彼の新たな一面が見られた曲だと思います。それだけにもう少し売れてほしかったな・・・(^^;)
Posted by 覆面ブロガーZ at 2008年06月11日 09:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。