2008年03月29日

日テレ18年ぶりにゴールデンの音楽番組

 日テレがひさびさにゴールデンタイムに音楽番組を新設する。4/22(火)スタートの「The M」。他局に配慮してか、民放各局のメイン音楽番組とはかぶらない曜日に(NHKとは時間ずれで同じ曜日ですが)。石井竜也、酒井法子、劇団ひとりという司会。

 過去に日テレの番組では「速報!歌の大辞テン」が約10年間放送された。この時は歌のゲストはなく、PVと過去の番組映像をつないで新旧のチャートを紹介する内容だったが、どちらかといえば音楽を媒介にした情報バラエティーという側面が強かった。今回はゲストのデビューから今までの足跡をたどりつつ、楽曲だけでなく当時のエピソードなどを紹介していく。「いつみても波乱万丈」のアーチスト版のようにも思えるし、NHKの「SONGS」を柔らかくしたようにも思える。

 ゲストも必ずしもチャート第一線ではなく、むしろキャリアの長いアーチストが呼ばれる傾向になるのだろう。すぐにイメージしたところでは、おそらく身内で米米CLUB、徳永英明とか松田聖子、安室奈美恵あたりが出てきそう。
 一番心配なのは司会を務める3人の連携だろう。アーチストとしては成功した石井、酒井だが、トークで相手の魅力を引き出すことに関しては未知数。劇団ひとりも、どちらかというと自分をオトして笑いを取るタイプではないだけに、この3人の中でボケ役に回ることができるか。アーチストをボケ役に回してしまうようでは短命番組になるか、通常のトーク中心の歌番組と同じになりかねない。

 とりあえず1クール、様子を見ながら見てみようと思う。
旅の途中で(初回生産限定盤)(DVD付)
ソニーレコード
posted by 覆面Z at 23:30| Comment(3) | TrackBack(1) | メディア雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私にとっての最大の注目ポイントは、この番組も他と同様にジャニーズ以外の歌って踊る男性アーティストを排除するのかどうかという点です。
この時間帯の音楽番組だとまた似たりよったりなメンバーが揃いそうな気がしなくもない…。

せっかくの新番組ですし、何か新たな風を吹き込んでもらいたいですね。
Posted by 真希 at 2008年03月29日 04:14
石井さんは大丈夫だと思いますよ。話術に長けてます。真面目なものでもお笑いでも、両方イケます。でもまあ、どっちかって言うとラジオ向きかも。

個人的には歌の大辞テン的なものがよかったです。

最新の曲と昔の曲とを平等に、同時に聴ける番組は、これと紅白くらいしかないですもん。僕らの親の世代に最新の曲を聴かせる、最も有効な手段でしたから。
Posted by Pondaring at 2008年03月29日 22:11
>真希さん
 おそらく1回にそうたくさんのゲストは呼ばないと思うので、しばらくは視聴者層を探るべく、中堅〜ベテラン勢で行くんでしょうね。そのときに、おそらくキャリアでは一番長いDA PUMP、w-inds.あたりの扱いがどうなるか、ですね(逆に視聴率的に苦しくて、ジャニーズ勢が出ざるをえない状況になるとやっぱり厳しいか・・・)

>Pondaringさん
 「歌の大辞テン」は僕にとっては、80年代アイドルらの貴重なテレビ映像が見られる、という意味で楽しかったです。でもPondaringさんのような考え方もあるんですね(というかそっちの方が多いか)
 ただ、10年もやってると過去の曲のネタがどうしてもお手つきだらけになり、あと「千の風〜」みたいに1年近くランクインすると、曲にまつわるネタがなくなってくるので潮時ということだったのかな、って気がしてます。
Posted by 覆面Z at 2008年03月30日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

期待の新番組の悲惨な実態。
Excerpt: 始めに・・・・ 「Waste of Pops 80s-90s」様が この8月に開設10周年目を迎えたとかw 当BLOG「ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w」も 心からのお祝いのお言葉を申し上げます。 こ..
Weblog: ヘゥンのタカの疾風!ぶろく伝。w
Tracked: 2008-08-12 13:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。