2007年09月30日

SING LIKE TALKING「Spirit of Love」

 88年デビューというから、来年でちょうど20周年。そろそろ動きがあってもいいのでは・・・と思っているのですが、今日はSING LIKE TALKINGを取り上げます。直近は佐藤竹善はじめメンバーおのおのの活動がメインで、新作はアルバム「RENASCENCE」(03年)以来出てません(^^;)。今度出るシングル「サヨナラ」は意外や意外、GAOのカバーだし、そのあと出るカバー盤「ウタヂカラ~CORNERSTONES4」もフォーク系の曲が多くて、今はSLT的楽曲をやる気分じゃないのかな・・・

 彼らの最大のヒットシングル「Spirit of Love」(95年)。メンバーがバックグラウンドに持っている黒人音楽の要素、一般受けしそうなAOR的メロディー、高度な演奏技術、美しいハーモニーなど、彼らのおいしいところが詰まった曲です。「離れずに暖めて」(93年)のスマッシュヒットで音楽通には名前が知れ始めた頃でしたが、この曲がFM曲のパワープレイに続々と決定したことからじわじわと火がつきました。レコード会社がFMのパワープレイにブレイク前アーチストを推すようになった流れの中の一組だと思います。すでに新人とはいえない完成度でしたけど。

 竹善のボーカルも圧倒的な説得力で迫ってきます。最近でこそボーカルスタイルはややあっさりしてきた印象ですが、Skoop On Somebodyなどは彼らの系譜に連なるアーチストで頌。また、ソロ活動中は小田和正、コブクロ、スタレビ、SOFFetなど年齢ジャンルの違うアーチストとも積極的にコラボを展開、攻めの姿勢を崩していません。

 直近のSLTの音は打ち込み色が退き、ややギターロック色を強めています。カバーを経ておそらく来年の活動再開時に、どんな音で戻ってくるかが楽しみです。
Spirit of Love
ファンハウス
SECOND REUNION~The Best Of Sing Like Talking
ファンハウス
posted by 覆面Z at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デビュー曲の「Dancin' with your lies」をラジオで聴いて,何て格好いい曲なんだろうと当時中学生だった自分は思いました。その後ずっと今日まで聴き続けていますが,シングルでの代表曲といえばやはりこの曲かと。確か武騎手の結婚式のために作られた曲だと記憶しているのですが,実際,ライブで聴いたことがありますが佐藤竹善のヴォーカルは圧巻でした。ソロ活動もいいのですが,是非来年こそはSLTの活動を再開してもらいたいと切に思います。個人的に他に好きな楽曲として「With You」「Our Way to Love」「RISE」「Will」などがあります。
Posted by m.h at 2007年10月01日 21:09
>m.hさん
 デビュー曲の頃からリアルタイムで知ってるんですね、スゴイかも(でもって中学の時・・・ん?この話はやめとこ^^) 実は選曲にあたって「Our Way to Love」あたりとも悩みました。でもあまりメジャーな曲じゃないみたいで、ベスト盤とかにも入ってないんですよね。コメントのとおり、武騎手の結婚式のために作られた曲ということらしいですが、武騎手あまりにもうらやましすぎ(^^)
Posted by 覆面ブロガーZ at 2007年10月02日 22:40
この曲も、「離れずに暖めて」や「Our Way to Love」もいいですねぇ…

SLTの場合、洋楽派、小田和正・山下達郎のファンからの流れ(佐藤竹善がコーラス参加)、TMNからの流れ(結構多いんですよ)、そしてラジオからの流れ、という、ファン層が結構面白い構成でしたね。

私の場合、彼らを知ったのは「La La La」で、一番はまった時期が、TMN終了後~ TM NETWORK 再始動というわかりやすいタイプです。その頃は貪るように聞いて、ライブにも行きました。

そして彼らの曲で何が一番好きか、となると、「回想の詩」ですね。活動休止直前の作品ですが、この曲の持つ哀愁は今のJ-POPで感じることが少なくなりました。
Posted by SHIN at 2007年10月03日 20:49
>SHINさん
 またエライ後期の曲を推してきましたね(^^)。SLTの場合、ビートから入るか、コーラスやボーカルから入るか、曲のジャンルから入るか、はたまたバラード系の括りから入るかで全然他のファン層とのかぶりが変わってくる面白い位置にいましたよね。

 実は裏イチオシ曲があって、PLUS ONE「クリスマスが過ぎても」なんですけど(小田和正と佐藤とのユニット)、この曲聴いた時のとんでもないボーカルの一体感(と、どっちの声もそれでいて聴こえてくる技術の高さ)にもう驚きました。こういう8ビートの曲を歌わない二人なだけに余計にレアな作品です。
Posted by 覆面ブロガーZ at 2007年10月04日 00:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。