2008年10月22日

10/22Sg確報 東方今年4作目の首位

 週間チャート確報です。その前に、2日連続でスパムコメントに襲われてしまいました。とりあえず様子見するしかないか・・・って感じです。

●呪文-MIROTIC- 東方神起(1位)
 初。今年最多の4作目首位(通算でも4作目)。初動も徐々に上げてきてますが、累計で見るには来週以降の粘りが必要。来週は9割減かな・・・
●いつか イ・ビョンホン(2位)
 初。韓国の人気俳優の日本語デビュー曲。こんなところにまで秋元康がからんでるんですね・・・2作め以降は果たしてあるのでしょうか。
●赤い糸 新垣結衣(3位)
 初。前作最高位2位。コブクロカバーということで注目されていたが、韓国勢に上位を阻まれ3位どまり。歌のヘタさ加減は前作より目立たないと思うんですが。
●君と僕 リュ・シウォン(4位)
 初。前作最高位5位。4位を確保しているが、初動が少しづつ下がっているのが気がかり。韓流3作同時発売が彼にとってはマイナスに働いたかも。
●プラネタリウム いきものがかり(5位)
 初。前作最高位3位。前作の初動が3万枚に達したのはアニメタイアップのせいかな・・・今回は「初動2万枚組」に逆戻り。

●藤沢ルーザー ASIAN KUNG-FU GENERATION(6位)
 初。前作最高位6位ながら初動は大きく下げる。今年2枚め(ミニアルバム入れると3枚め)のアルバムも発売が予定されているが、さすがに多作すぎてファンの買い離れが起きている気が・・・
●The Birthday~Ti Amo~ EXILE(7位)
 3つダウン。既発曲では再びトップ、4週連続TOP10入り。
●手紙~拝啓 十五の君へ~ アンジェラ・アキ(8位)
 1つダウンながらTOP10入りは5週目に。
●うまなみで。/絶交門 仙台貨物(9位)
 初。前作最高位5位。よくわからないが自称「ゲイ」ロックバンドらしい。放送コードには引っかからないんだろうか。
●最愛 KOH+(10位) 5つダウン。

●Continue SEAMO(11位)
 初。前作最高位19位。アルバム同発だった前作はともかく、2作連続でTOP10を逃したのは痛い。「威風堂々」をモチーフにしたりと話題性はあったはずなのだが。
●涙がこぼれそう The Birthday(12位)
 初。前作最高位12位。前作と並び自己最高位タイ。ここまでが1万枚超。
●TABOO 倖田來未(13位)
 先週首位から12ランクダウン。初動からの下げは85%に達し、一気に1万枚を割った。テレビ出演が少ないのも影響しているのかな?
●Good Good Day!/Let's ハーモニー」(14位)
 初。前作最高位5位。TOP10こそならなかったが、一時の低迷からはやや持ち直している気がします。彼らならではの明るいパーティーソング。
●Happy Birthday NEWS(15位) 9つダウン。

●Love,too Death,too ポルノグラフィティ(16位)
 3週めのNEWSにも抜かれ14ランクダウン。
●哀愁の湖 氷川きよし(17位)
 8つダウン。演歌的にはこのへんでとどまってロングヒットに移行したいところ。
●輪廻-ロンド- ON/OFF(18位)
 初。前作最高位19位。アニメ「ヴァンパイア騎士」タイアップ。
●あなたと 絢香×コブクロ(19位) 11ランクダウン。
●君との出逢い~good bye my days~ 愛内里菜(20位)
 初。前作最高位17位。今の彼女の地力から見ればこんなところか。

●崖の上のポニョ 藤岡藤巻と大橋のぞみ(21位)
 ロングヒットしてきたこの曲も7つダウンでついにTOP20圏外へ。
●HANABI Mr.Children(22位) 10ランクダウン。 
●RED CLIFF~心・戦~ alan(23位)
 初。前作最高位34位。映画タイアップ。
●記念日・home SoulJa×Misslim(24位)
 初。結局Misslimに関しては謎のまんまなんでしょうか。着うたでは上位にランキングされた注目楽曲だったが、CDの方は不発。
●Drive away/幸福の条件 GIRL NEXT DOOR(25位)
 22ランクダウン。ここまでが5千枚以上。明らかに前作より失速。第3弾も同じ曲調だと息切れの心配も。

●Trickster 水樹奈々(26位) 11ランクダウン。
●甘い股関節 大堀めしべ(27位)
 初。AKB48メンバーによる企画モノ。
●ライオン May'n/中島 愛(28位)
 10ランクダウン、これで発売9週め。
●Remember HIGH and MIGHTY COLOR(29位)
 初。前作最高位20位。マーキー(vo)卒業のため彼女在籍のラストシングル。
●木曽川しぐれ 川中美幸(30位)
 TOP30圏外から再浮上。これまでの最高位は20位。

 ということで、秦基博(先週10位)、徳永英明(11位)、鈴村健一(14位)など男性ソロボーカル系の曲が1週でTOP30圏外へ。再浮上してきたすぎもとまさと(23位)も1週で消えました。
赤い糸 <通常盤>
ワーナーミュージック・ジャパン
posted by 覆面Z at 20:26| Comment(5) | TrackBack(2) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。