2008年08月09日

安室3枚めベストのすごさ

 安室奈美恵のベスト盤の売行きがすごいことになっている。数字だけ見てもすごいのだが、3枚めのベスト盤をいうことを考慮すればさらにそのすごさがわかる。

 彼女はエイベックスにいながら、TKプロデュースのシングル多作時期を除いて発売ペースが多すぎず少なすぎずでここまできている。またバラードベストや、一度収録されたシングル曲を再び括りなおしてのベスト盤発売もなく、シングル中心のベスト盤を98年、04年、そして08年とほぼ5年間隔で発売しているのも注目すべき点だ。

 一方、ベスト盤を3枚出すには少なくとも10年以上の活動歴と30~40枚のシングルが必要だろう。多作すぎるEXILEや倖田來未は別として、最近ではB'z、ZARD、モー娘。浜崎あゆみ、TUBEあたりがいわゆるシングルベスト3枚組、アイドル出身で記憶にあるのは中山美穂くらい(再発や旧譜ベストのぞく)か。10周年or15周年ベストになると、大ヒットした過去の曲をメニューに入れないことには売上が伸びないこともあり、オールタイムベストになっている可能性が極めて高い。その点、この6年間のシングルだけでベスト盤を構成している点がさらに評価されるべきだと思う。

 本当は、2枚めのベスト盤「LOVE ENHANCED」を聞くと、この中の収録曲でかなり曲のテイストが変化していることに気がつく。セールスは低迷期にあたるが、できればあわせて聞いてみると面白いのではないか。
LOVE ENHANCED - single collection
エイベックス・トラックス
posted by 覆面Z at 22:06| Comment(5) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。