2008年05月31日

難しい若手のアルバム発売時期

 特に新人~中堅までの時期のアルバム発売って難しい。アイドルのようにシングルメインで売っていく人はともかく、今やシングルは着うた含む配信に市場をとられているので、やはりアルバムセールスでそのアーチストが「売れてるかどうか」の基準のひとつになるだろう(作品のよしあしはここでは触れないことにする)。

 最近のうまく行っている例はYUI、いきものがかり、チャットモンチーあたりのソニー勢か。特にYUIはアルバム年1作で、S(シングル)5枚→A(アルバム)→S4→A→S3→Aとかなりの多作でおしまくり、かつAは直近2作が新譜の減る4月発売。非常にうまく上位に定着したと思う。
 いきものがかりもメジャーデビュー後はS5→A→S3→A→S1+S1(7月予定)と多作ぎみ。アルバムは2~3月の強豪ひしめく時期だが、こちらは逆に長期間ランクインすることで枚数を伸ばしている。やはりヒットシングル多数収録というのが、ライトファンにとっては買いやすいのだろう。

 その点で気になるアーチストが2組。ひとつはGReeeeN。ここまでS3→A→S4ときて、そろそろアルバムが勝負どきだと思っていたが、予想通り2ndが来月末発売。ほぼ「愛唄」のヒットのみでつないだ1stが最高2位。Sg「キセキ」がいよいよシングル首位か、と言われているので、2ndは1stを超える初動&順位が期待できそう。シングルがなかなかTOP5入りできなかっただけに、「キセキ」のヒットはアルバムセールスに大きく+になると思う。

 もう一組は絢香。こちらはS4→A→S4(A面逆シングルを含まず)。A発売から1年半たっており、そろそろリリース時期の限界かな、と思っていたら来月末2ndアルバム発売。こちらも最近シングルセールスでは物足りない結果になっているが、1stのミリオン突破に近い売上は厳しそう。ちなみに今気がついたが、この2組同日発売なんですね。同じレーベルなのにもったいないというか何というか・・・
あっ、ども。おひさしぶりです。(初回限定盤)(DVD付)
NAYUTAWAVE RECORDS
posted by 覆面Z at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

5/28Al確報 Superfly新曲振り切りV2

 遅くなりましたが週間アルバム確報。こちらTOP10に6作が新譜です。

●Superfly Superfly(1位)
 なんとV2。しかも週間売上7.6万枚と、先週から半分も下げず2位以下に圧倒的な差をつけました。ここにも「周りがいいよ」と言い始めたものに群がるJ-POPリスナーの最近の傾向が(これが「愛をこめて~」のヒット前に出てたらどうなっていたことか)。
●演歌名曲コレクション8~玄海船歌~ 氷川きよし(2位)
 初。シングルより若干少ない初動とはいえ、演歌のアルバムで3万枚を1週で売るパワーはさすが。前作も最高位2位、TOP10登場22週。ジャケットのアイドルスマイルがすごすぎ・・・
●Recreation Acid Black Cherry(3位)
 初。3ヶ月前のオリジナルアルバムも惜しくも1位を逃した(最高位2位)が、今作も同様な結果に。LOOK、あみん、工藤静香とこれまであまりカバーに出てこなかったアーチストのカバーがあるのが面白そう。
●SONGS 長渕剛(4位)
 初。先週の「LOVE」に続いてこちらもTOP5入り。
●Killer show ナイトメア(5位)
 初。やはりシングルヒットが収録されているのが大きかったか。

●ハード・キャンディー マドンナ(6位) 3つダウン。
●HEART STATION 宇多田ヒカル(7位) 3つダウン。
 ともに売上はそう落ちていない。上位4曲が新曲だからやむなしか。
●FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST ”15/25”/藤井フミヤ(8位)
 初。昨年の前作オリジナルも最高位8位。ただ、初期のシングルがなかったらどのへんにランクインしていたか・・・
●TIME CAPSULE 水谷豊(9位)
 7つダウンしたが、懸命のテレビ露出もあってTOP10に残りました。
●TRIP 愛内里菜(10位)
 初。アルバムは約2年ぶり。なんとかすべり込みで10位に。

 今週はTOP10の境が1.8万枚と高め。よって、安藤裕子(11位)は愛内と僅差ながら届きませんでした。しかし躍進には変わりないので今後が楽しみです。松田聖子の15位は前作最高位19位を上回る健闘、さすがアイドル最前線?を走っているだけあって根強い人気。逆にGOING UNDER GROUNDのベストは20位と振るわず。
 既発曲は順調に下げています。ただ、30位のラインが5400枚とかなり上がっているので、来週の新曲動向次第では再浮上してくるものも出てきそうです。
Adze of penguin(初回限定盤)(紙ジャケット仕様)
ASIAN GOTHIC
posted by 覆面Z at 23:11| Comment(1) | TrackBack(2) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

5/28Sg確報 大塚まさかの4位&17曲入れ替え

 シングル週間チャート確報が出ました。今週は30曲中17曲と過半数が新曲。

●Dreams come true Hey!Say!JUMP(1位)
 初。これでジャニ勢が3週連続V。
●Prisoner Of Love 宇多田ヒカル」(2位)
 初。アルバムからのリカットにもかかわらず、初動を小幅減にとどめた。やはりドラマ主題歌効果による「シングルのみ買い」層もいたんですかね。順位はメンバーに恵まれた部分もありそうだけど。
●DON'T U EVER STOP KAT-TUN(3位)
 2つダウン。予想はしてたものの、初動から90%以上の減。
●ロケットスニーカー/One×Time 大塚愛(4位)
 初。宇多田はともかく、KAT-TUNの2週めより低いとは。同じエイベックスでは、あゆや倖田と違って、まだ強力な支持基盤がないのかな・・・それともアップテンポならもうちょっと弾けてくれ、ってことなのか。
●虹 Aqua Timez(5位)
 3つダウンながら3週連続TOP5。「ごくせん」効果おそるべし。

●幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day) 竹内まりや(6位)
 初。夫・達郎氏の月9主題歌に続いて、例年よりいい動きをしています。これもドラマとの相性がうまくハマった好例といっていいかな。
●エイトビート ザ・クロマニヨンズ(7位)
 初。前作最高位8位&4枚ともすべてTOP10入り。この安定感は抜群。
●踊れ Micro(8位)
 初。前作より初動、順位とも下げた。すごく実験的なことをシングルでやってるんだけど、今度のアルバムがどんなことになっているか期待。これもドラマがらみ。
●羞恥心 羞恥心(9位)
 1つダウン。7週連続TOP10入り。いよいよ来週は・・・
●ダイアモンド・クレバス/射手座☆午後九時Don't be late シェリル・ノーム starring May'n(10位)
 3つダウンながら3週連続TOP10。これでOPテーマの坂本にまた累計売上で近づきました。

●SUMMER TIME NEWS(11位)
 8つダウン。売上も3分の1強まで下げました。
●Supernova/Wanderland 9mm Parabellum Bullet(12位)
 初。前作1stに続くTOP10はならなかったが、デイリー推移、初動の数字ともまだまだ上向き傾向。アニメタイアップがありました(予想時にノンタイアップと書きましたが^^;) ここまでが1万枚乗せ。
●Special Life! KOTOKO(13位)
 前作最高位13位。TOP20の常連顔になってきたが、細かいところではアニメタイアップの強弱が影響しているよう。
●忘れもの/サイケなハート 堺正章(14位)
 初。シングル発売が15年ぶりなら、TOP20入りも約25年ぶり。今期はドラマとタイアップ曲の相性がいい組み合わせが多いようですね。さすがにこれは予想してませんでした(^^;)
●覚醒 THE BACK HORN(15位)
 初。デイリー初日の順位を見てもしや、と思ったが、前作の新ガンダムのような追い風はさすがに続かなかった・・・でもシングルでは2番目の好成績?

●ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)/キャラメル(16位)
 初。ニコ動を見ていない僕にとっては、なんかよくわからない曲。
●おかえり 絢香(17位) 11ランクダウン。
●NOBODY KNOWS スガシカオ(18位) 13ランクダウン。
●トライアングラー 坂本真綾(19位) 9つダウン。
 新曲に押し出されTOP10圏外へ。特に絢香、スガは1週で後退。ファン層がかなり固定してきたか?
●きずな 松浦亜弥(20位)
 初。1年半ぶりだった前作が最高位16位、そして9ヶ月あいた今作がこの位置。脱アイドルという点では藤本美貴や安倍なつみの方が向かっている路線はわかりやすい。素材はいいだけに、だいたいシングルリリースがこんなに空くのがもったいないです・・・

●茜 長瀬実夕(21位)
 初。直近2作の最高位は10位→26位。ただ、売上は5~7万枚くらいを漂ってています。ドラマタイアップが多少はきいたか。
●花ふたつ 真木ことみ(22位)
 初。直近2作の最高位は21位→18位。安定してきました。
●海雪 ジェロ(23位)
 11ランクダウン。新曲攻勢の前にはさすがに下げも仕方ないか。興味はすでにCMで流れている「氷雨」含むカバーアルバムの方に行き始めてます。
●名残りの桜 大川栄策(24位)
 初。今ごろ桜?(でも名残だからいいのか^^) こちらも直近2作の最高位は35位→22位と、前作並みの好スタート。
●LIFE キマグレン(25位) 11ランクダウン。

●MOTHER ギフトパッケージ盤 SEAMO(26位) 15ランクダウン。
●Stay with you 飛輪海(27位)
 初。台湾の人気男性グループの日本語シングルデビュー曲(アルバムは発売済)。フェイルンハイと読むそうです。キャニオンさん、アジア勢アーチストに力を入れるのはいいんだけど・・・
●愛のままで・・・ 秋元順子(28位) 13ランクダウン。
 圏外から再浮上。これまでの最高位24位を大きく更新。これも歌謡コンサート?
●輪島朝市 水森かおり(29位) 16ランクダウン。
 ともに先週再浮上組でしたが、今週は大幅ダウン。
●CORE/Wants GRAPEVINE(30位)
 初。最近どうもジリ貧の感が。今作含むシングル3作(最高位26位→30位→30位)収録のアルバム来月発売。

 ということで、このコーナー常連?のBuono(4位→33位)、清春(9位→50位圏外)、16位以下のほとんどの曲が30位圏外へ出ました。新人もなかなか連続チャート入りせず、超注目曲を除き結局ベテラン勢が残る傾向が続いてます。

posted by 覆面Z at 22:10| Comment(11) | TrackBack(3) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。