2008年03月25日

福山雅治「約束の丘」

 過去の温故知新を見ていて、意外にもこの人を取り上げていないことに今ごろ気づきました。90年にデビュー、ドラマ「ひとつ屋根の下」で注目され始めたあたりから、いつの間にかオリコン上位常連アーチストに。以来これまで、大きなピーク感を作ることなく第一線で活躍し続けている福山雅治。年代によって彼の代表曲は「虹」だったり「桜坂」だったり「HELLO」だったりするのだと思いますが、個人的に好きな曲「約束の丘」(1992年)を取り上げます。もう16年前ですか・・・

 最近の彼の曲は、アコギメインのスローバラード、「RED×BLUE」などのエレキメインのアップテンポ曲、「HELLO」に代表されるアコギ+エレキミックスのアップテンポ(+湿度を感じない+メジャー展開)の3つくらいに大きく括られると思います。が、「約束の丘」はテンポはスローながら重心が重いリズム隊、大陸的な音のつくり、そしていい意味でキーが彼の中低音域におさまっています。それでいて、構成が実は意外と簡単な組み合わせなところ、短い中に自分の人生観を重ね合わせたような詞などは、今に至るまで変わらない彼の持ち味が出ている気がします。

 ちなみにこのあと、シングルでは「桜坂」(00年)まで英語タイトルが続きます(最近は日本語タイトルの曲も増えてきましたが) また、その前の作品「Good night」がラブバラードだったので、次のシングルで男気を感じる方に路線を一度振ったのかもしれません。ちなみにこの曲オリコンシングル週間チャートTOP10にとどかなかった(つまりブレイク直前の)作品だと思います。

 ライブ等に行ったことがないのでわかりませんが、今でも歌ったりしてるんでしょうか。生で歌っているのを見た記憶がないので、どこかのテレビで過去映像を放送してくれないかな、と思ったりしてるんですが。
MAGNUM COLLECTION 1999”Dear”
RCAアリオラジャパン
約束の丘
BMGビクター
posted by 覆面Z at 07:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。