2008年03月23日

倖田は許されなかったのに・・・

 素朴な疑問。倖田來未の「羊水」発言があれだけ大騒ぎになったのに、サザン桑田佳祐の放送禁止用語発言はなぜ問題視されないんだろう。

 22年ぶりにパーソナリティを務めたニッポン放送「オールナイトニッポン」で、いわゆる女性の局部を指す俗称を2回も口にした。しかも今回の場合、桑田の新作「桑田さんのお仕事 07/08 ~魅惑のAVマリアージュ~」発売に合わせての出演と察しはつくから、曲側もある程度緊張感を持って対応すべきだたのではないか。(現にテレビ出演時など、「AV」からエロいものを連想させようと話を持っていったり、NHK-FMではDJがわざわざ「エービー」と発音したりしていた)

 気になるのは彼の失言ではなく、倖田の時との処分の違いだ。彼女の時は担当ディレクターが降格、スタッフも大幅な入れ替えを強いられ、彼女自身もいまだ活動謹慎中。おそらく抗議の声が彼女の時ほどではなかったため、そのまま自然鎮火を狙っているんだと思うが、桑田だからエロ発言が許されるというもんでもないだろう(むしろ放送コードに引っかかることは誰より知っているはず)。僕にとっては、舞台裏に事務所なりアーチストとの力関係を感じずにいられない事件だった。
桑田さんのお仕事 07/08 ~魅惑のAVマリアージュ~(初回限定盤)
ビクターエンタテインメント
posted by 覆面Z at 08:05| Comment(16) | TrackBack(0) | 芸能エンタメ関連 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。