2008年03月09日

08年最初の「飛び道具」ジェロのブレイク

 1/30発売のカッティー「そんなの関係ねえレゲエ」にあ然としていたら、最高位31位と知ってさらに呆然。今年はこの手のイロモノが流行るのかと思っていたら、黒人演歌歌手・ジェロのデビュー作「海雪」が氷川きよしも真っ青の2週連続TOP5に入ってきた。ジェロをイロモノくくりするのはあまりに乱暴かもしれないが、カッティーにしろジェロにしろ、自然発生的に出来上がった作品なのか、単に面白い組み合わせということで「仕掛けられた」作品なのか、非常に難しいところだと思う。

 プロフィール上は「日本人の祖母の影響で演歌を聴き始め」、「SEとして嘱望されつつも、演歌歌手になるために来日」、「日本ではSEとアマチュア演歌歌手の活動を同時進行でおこなって」いたとのこと。ただ、あまりにもプロ歌手としてのデビューが唐突すぎること、今回の作詞に秋元康が絡んでいることから、自然な流れでのデビューとはなかなか思えないフシがあるのだ(作曲宇崎竜道というのも演歌としては異例の組合せではないか)。

 楽曲自体はいたって普通の演歌に聞こえる。韓国人アーチストがJ-POPを歌っているときのような若干発音が違う感じもなく、言われなければおそらく日本人の演歌歌手と聞き分けられないと思う。ただ、サビの「あなた追って出雲崎 悲しみの日本海」のところだけまくしたてるようなメロディーなのは、ここを目立たせた上で「黒人vs日本海(出雲崎)」というミスマッチ感を狙ったのではないか(タイトルの「海雪」自体がミスマッチの象徴かもしれない)。

 ちなみにC/Wの「東西南北ひとり旅」では、札幌から長崎まで日本を縦断している。果たして彼は紅白に出られるのか。その前に音楽番組はいつ、どのような形で解禁になるのか。トークメインの番組で変ないじられ方をしないことを切に願いたい。

posted by 覆面Z at 23:27| Comment(7) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。