2008年02月24日

人気俳優が歌うということ

 織田裕二、吉田栄作、反町隆史、押尾学・・・俳優を本業としつつ歌も出していた人たちは過去に何人もいたが、最近は意外に少ない気がする。アーチストとしての活動は副業的に見られ、必ずしもいいイメージを持たれないからとか、SMAPをはじめアイドルやお笑い芸人が逆にテレビドラマに進出する昨今、特に若手にとっては俳優としての席を確保するだけでも大変・・・などいろいろな事情はあるのだろうが。

 ジャニーズの中でも、生田斗真のように俳優業を前面にして歌なしでブレイクしつつある若手もいる。CDを出すより、いいドラマや映画で実績をつけた方が長い目で見て芸能活動にプラスだとの見方もある。アーチスト先にありきでドラマでブレイクし、その後も自分の主演ドラマに自分の主題歌をあえて持ってこないケースが多い(先日の「ガリレオ」はKOH+という変化球を持ってきたが)福山雅治はまた異質なパターンだろう。

 その意味で、今年やけに音楽活動に力を入れている玉木宏の存在が気になっている。わりと2枚目路線の役が多かったが、「のだめカンタービレ」でコミカルな面がハマり一躍主役級に。でありながら準主役としても出られるおいしいポジションにいると思うのだが、アーチストとしての活動は良くも悪くもイメージどおり。「踊ろうよ」はアップテンポで無難な作品だと思うが、どうしても声の線の細さが気になってしまうのだ。で、イメージ的にものすごくかぶったのが藤木直人。彼も「ギャルサー」で思わぬ主役(?)が回ってきて、しかも予想外の反響があり、認知度を一気に上げた。が、音楽面ではいまいちブレイクと言えない状況。声の細さ、ソングライティングを外部に頼っているところまで同じ。

 彼のファンは何を求めているのか。以前ほどJ-POPの影響力がなくなってしまった今、せっかく上げ潮基調な俳優活動の足を逆に引っ張ることにならなければいいんだけど。
踊ろうよ(DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
posted by 覆面Z at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

TOKIO&HY新作の不可解な発売形態

 年度末に向けて、3種類は当然・・・なくらい複数のパターンで発売されるアルバムが増えてきているが、さらに不可解なパターンのアルバムを発見。

 まず今秋発売のTOKIO「sugar」。計7曲、通常盤は1800円とアルバムのタイミングとしても中途半端なものを感じるのだが(甲斐よしひろ→中島みゆき→長渕剛 と続いたソングライターとのタッグシングルにいったん区切りをつけるということか?)、それ以上にわからないのが発売される4種類の中身。通常盤以外の3枚はこうなっている。

<初回盤A:DVD付>
・『宙船(そらふね)』『明日を目指して!』『カンパイ!!』(Johnny's Countdown 2007-2008でのライブ映像)+アルバム『Sugar』ジャケット撮影映像を収録

<初回盤B:DVD付>
・『何度も夢の中でくり返すラブ・ソング』(TOKIO Special 2007-2008 でのライブ映像)+新曲『Sugar』レコーディング映像を収録

<初回プレス通常盤:ボーナスCD付>
<ボーナストラックCD収録曲>
・『宙船(そらふね)~jumble version~』
・『本日、未熟者~unplugged~』
・『青春(SEISYuN)~TBS系金曜ドラマ「歌姫」劇伴3バージョン~』

 エイベックスの一連の3種類発売と違うのは、どれかを買えばフル収録、というアイテムがないこと。DVDの映像も違うし、DVDつきには入っていない音源が初回プレス通常盤には入っている(新曲ではなくすべて別バージョンではあるが・・・)。DVDつきで2200円という価格設定は1枚を買うには良心的だと思うが、本当に全部見たい(聴きたい)人はどうするのだろうか?

 そしてもっとわからないのがHYの4月発売の新作「HeartY」。こちらは初回限定盤が何と5種類。しかも

 「HMV初回限定盤」「新星堂初回限定盤」「TSUTAYA初回限定盤」「TOWER RECORDS初回限定盤」と「通常初回限定盤」(→上記以外の店舗で予約・購入した場合)

と、ショップごとの限定盤なのだ。品番コードもすべて異なっているが、何が違うかは公式サイトでもまだ明らかになっていない(2/20現在)。HPの言葉を借りると、「HYのコンセプトに、各々の店舗のメッセージが加わり~」ということらしいが、これまで良心的な発売形態をとってきたと思えるHYまでが、複数枚買わせようという方へと向かっていないことを今はただ願いたい。
sugar(初回限定盤A)(DVD付)
UNIVERSAL J(P)(M)
sugar(初回限定盤B)(DVD付)
UNIVERSAL J(P)(M)
posted by 覆面Z at 21:11| Comment(4) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

2/20Al確報 いきものがかり3千枚差まで迫る

続いて週間アルバムチャート確報です。

●Award SuperNova -Loves BEST- m-flo(1位)
 初。前作オリジナルは最高3位。2年半ぶり2作めの首位獲得。
●ライフアルバム いきものがかり(2位)
 初。1st「桜咲く街物語」は最高位4位だったから着実にポジションを固めてると言っていいかも。
●Kingdom 倖田來未(3位)
 V3ならず2つダウン。枚数もさらに半減以下に。
●Jupiter~平原綾香ベスト~ 平原綾香(4位)
 初。この位置は評価していいのかどうか悩む。むしろロングヒットするかどうかの方に注目したい。
●5296 コブクロ(5位)
 2つダウン。既発盤の中では一番下げが緩やか。相変わらずオリジナルでは独り勝ち?

●10 YEARS BEST WE R&B DOUBLE(6位)
 4つダウンながら今週もTOP10入り。
●アイのうた オムニバス(7位) 1つ再浮上。
●ラブリィ! Cute & Sweet J-Ballads オムニバス(8位) 1つダウン。僅差で先週と順位入れ替わり。
●Fan Service~Prime Box~ Perfume(9位)
 初。1.8万枚という数字から見るに、最近のファンはヒットシングル収録のオリジナル新作の方を待ってる?
●スリープ・スルー・ザ・スタティック ジャック・ジャクソン(10位)
 4つダウンながら2週連続TOP10。

 11位以下は27位まで新譜がないというさびしい状況。中で再浮上はR35、徳永3枚に洋楽3枚と恒例のバターンに。一方BRAHMANの4→16位、CHEMISTRYの12→26位急落に見られるとおり邦楽オリジナルは相変わらず息が続きません。そのうちベストもカバーも作れなくなってしまいそう(汗)。BUMP OF CHICKENもTOP30圏外に去り、昨年発売のオリジナルはEXILEとコブクロのみに。
Award SuperNova-Loves Best-(DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
posted by 覆面Z at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。