2008年01月11日

07's好曲番外1 期待のニューカマー

 前回までの記事で07年のお気に入り10曲を挙げましたが、今回は入れたくても入れられなかった曲&アーチストが数作ありました。ここでまとめて紹介したいと思います。

●endscape/UVERworld
 今年のシングルを聴いて、1stアルバムまで遡って聴いたアーチストのひとつ。サビまでのメロディーがあるかないかビミョーな構成(AquaTimezやFUNKY MONKEY BABYSもそうなのは世代的な感覚の違いなんだろうけど)が、どの歌も同じにしてしまってる部分はあると思うんだけど、言葉遣いとか独特なものを感じるし、サビ命という意味ではコンスタントにいい作品が書けてると思います。働きマン×「浮世CROSSING」で化けると思ったんだけど・・・

●もう君がいない/FUNKY MONKEY BABYS
 このへん、バンドはユニットかという形態の違いこそあれど、ヒップポップとミクスチャー系の境界がなくなってきていることを感じさせるアーチスト。この曲で俄然彼らの評価上がりました(それまではただのノリ系ユニットだと思ってたので^^;)。特に声がいいとか、ラップにキレがあるとか、そういうのじゃないんだけどなぜか歌の世界に惹かれた曲。

●花/中孝介
 昨年は男性ソロボーカルにも期待の芽が。秦基博「鱗」、馬場俊英「スタートライン~新しい風」あたりも挙げたかったけど、やっぱり声の力に圧倒されたのはこの曲だったかな。楽曲提供の森山直太朗がこんなところで再評価されたのも嬉しかった(^^)。ただ、ポップスにいかに展開していくか、という意味では元ちとせ同様苦戦しそうなんで、今年は正念場かも。

●Innocent Blue/mink
 今年初め、エイベックス初の新人では中村中の方が騒がれてたんだけど、角川映画との強力タイアップがある彼女の方が間違いなく来る・・・と思ったんだけどなあ。低音から高音まで重量感のある声、映画ともリンクした壮大な世界は一聴に値すると思います。その後4種類発売とかやってるわりにタイアップには力が入っていない?

●たしかに/アンジェラ・アキ
 「サクラ色」がすっかり代表曲になっちゃったので、あえてこっちを推します。彼女はちょっとシングル多作すぎて、聞き込む間もなく次の曲・・・ってプロモーションになってしまった気がする。ただ、アップテンポのこの曲で弾き語りのイメージから脱却できたのは成果かな。もともと流行歌を歌うタイプじゃないので、例えばaikoくらいのペースで確実に浮気しないファンをつかんでいってほしいです。

 もう1回分くらいかかりそうなんで、続きは今週の一連のチャート記事のあとに(^^)。
endscape
ソニーレコード

posted by 覆面Z at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 年間総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。