2008年01月07日

07's好曲8「everyhome」

 8曲めに紹介するのは、ハマったのは事実だけど今年の更なる活躍を期待して・・・という条件つきの1曲。03年末以降ほぼ活動休止状態から、2年半ぶりシングル&4年余ぶりのオリジナルアルバムで復活した鬼束ちひろ。「everyhome」「僕等 バラ色の日々」、どちらともそれなりに印象に残ったんだけど、やはり復帰1作目としての印象が強い「everyhome」を取り上げます。

 それまでの羽毛田丈史プロデュースを離れ、売れっ子・小林武史とタッグを組んだ今作。活動休止前はヘビーサウンドに傾倒してたこともあり、その延長か・・・といろいろ推測したのですが、実際はほぼピアノ1本+ボーカルもかなり未処理に近いバラード。彼女の「コエヂカラ」がまだ完全には戻っていないことをあえて晒してまで、歌と再び向かい合うと彼女が決心した原動力は何だったんだろう、と個人的には興味がわきました。

 もともとストーリーテラーというよりは、「自分に降って来た」言葉を詞につむぐタイプのアーチスト。詞については前面にその部分が出ています。浮かんで来るのは、低く雲が垂れ込めた灰色の世界。「僕等~」も、そのタイトルに反して浮かぶ映像はやはり灰色の日々。でも、器用に幅広い世界を描くというよりも、彼女にしか描けない世界をとこまでも掘り下げる・・・これが彼女の曲の本質なんだと思います。

 テレビではまだまだ精神的安定からはほど遠そうな表情も見えたような気がする彼女。ハラハラしながら、今年も彼女の動向を注目することになりそうです。


posted by 覆面Z at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 年間総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。