2008年01月06日

07's好曲7「大阪LOVER」

 昨年のDREAMS COME TRUEの活躍は誰しも認めるところだと思います。正確には一昨年11月の「もしも雪なら/今日だけは」から4枚のシングル、4年に一度のドリカムワンダーランド、吉田美和をとりまく突然の訃報、そして最新アルバム「AND I LOVE YOU」の大ヒット・・・ ファンにとってはたまらない1年だったのではないでしょうか。

 僕が個人的に印象深かったのは、大阪・USJのアトラクションとのコラボ作となった「大阪LOVER」。彼女のライブがワンダーランド=移動遊園地と称されるくらいだから、今までこの形のタイアップがなかったのが不思議といえば不思議。だけど、これだけサイクルの早いJ-POP界と、投資がハンバじゃないアトラクションの連動は本当に素晴らしかった。ということで、7作めは「大阪LOVER」を取り上げます。

 ・・・と大人の事情は理解できたものの、「なぜドリカムが関西弁?」という謎が(一応関西圏在住の長い僕には)ずっとつきまとってました。歌詞のそこかしこに出てくる関西弁的言い回しに最初は違和感があったのも事実。だけど、大阪の彼氏と東京の彼女の遠距離恋愛という設定が、かなり緻密な観察力と計算の上に成り立っていることに思わず感服。

 新大阪駅までスウェットで迎えにいく彼、彼氏=「連れ」という表現、一車線しか動かない御堂筋、東京タワーと通天閣と万博の塔の登場のさせ方、愛着があるがゆえの「大阪のおばちゃん」・・・関西での評価がどうかリアルタイムではわからないですが、少なくとも全国並みには受け入れられたのではないかと思います。

 曲も彼女ららしいアップテンポ。最近では「何度でも」が「LOVE LOVE LOVE」に並ぶ名曲として「成長」してきましたが、この曲と「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」は、今後その可能性を秘めている曲だと思います。とりたててドリカムファンではない(苦笑)僕が、昨年確実にハマった1曲です。

AND I LOVE YOU
UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
posted by 覆面Z at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 年間総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。