2008年01月01日

07's好曲2「GREEN DAYS」

 2日めに紹介するのは今年レーベル移籍&第一弾シングル「GREEN DAYS」がオリコン週間チャートTOP3に入り、ひさびさに存在感を示した槇原敬之。彼に限らず、今年はデビュー15周年超のベテランアーチストが大活躍の年でした。C/Wの「どんなときも。'07」との組み合わせでいけば、今年のシングルNO.1かも。

 これまで歌詞詰め込み&メロディーにはいまいち起伏感がない(特にサビまで)曲が多かったのですが、今回は「どんなときも。」のフォーマットに忠実に乗っ取って、そこに今の彼にしか歌えない青春をテーマに乗っけるという構成になっています。昨今のJ-POPシーンでは、この譜割り&1音に1字を当てていくやりかたは間延びしているようにも感じるのですが、彼の場合日本語をはっきり聞かせられる数少ないアーチストとして、この路線に1度は回帰してくれたのは嬉しかったです。彼なりの青春、いろいろあったから伝えられる「どんなときも。」が充分伝わってきますし、アレンジも奇をてらっていないし。コブクロにも通じますが、まさにパブリックイメージのど真ん中に作品を的中させられるのはライティングの確かなところだと思います。

 あと、ELTがカバーした「冬がはじまるよ」も新たな魅力の発見がありました。彼の影響を受けているアーチストも増えていることだし、そろそろセルフカバーorトリビュートアルバムが聞いて見たいと思うのは僕だけかな?エイベックスならやってくれると思うんだけど(苦笑)。
GREEN DAYS
エイベックス・エンタテインメント
悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
エイベックス・エンタテインメント
posted by 覆面Z at 19:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 年間総括 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。