2007年12月16日

キンモクセイ「二人のアカボシ」

 先日ベストアルバム「ベスト・コンディション~kinmokusei single collection~」 が発売されたのですが、週間チャートTOP30に入って来ず残念でした。01年にデビュー、翌年の「二人のアカボシ」のロングヒットで良質ポップスの担い手として期待されたキンモクセイ。この曲で02年のNHK紅白にも初出場しました。今回は彼らを取り上げたいと思います。

 大瀧詠一から松本隆×筒見京平まで、70~80年代の歌謡曲やスタンダードニューミュージックのおいしいところを引き継いだサウンドは、何かと尖ったギターサウンドや、逆に横揺れリズムが主流のJ-POP界では異色の存在でした。鍵盤楽器とギターの両方を扱えるメンバーがいることで、バンドといいながら器用にいろんなタイプの曲をこなせるところも彼らの強みでしょう。

 この曲も、スライドギターで懐かしめな雰囲気を増幅しつつ、伊藤の特徴あるなめらかなボーカルが縦横無尽に走るメロディーになっています。さらに、Aメロ-Bメロ-サビと構成がきっちりしているのは歌謡曲が下地にあるからでしょうか。CDジャケットのデザインが「チャルメラ仕様」になっていて、懐かしさをとことん感じさせる企画力にも感心したものです。特にここがキャッチーという決めフレーズがあるわけではないけど、通して聞いて耳に残るというのは別の意味で難しいこと。それをメジャー2ndシングルで難なくこなしているところに、彼らのポテンシャルの高さを感じたのですが・・・

 その後、1stアルバムあたりまでは勢いを感じたのですが、ポップス冬の時代、さらには「人とコウモリ」「さらば」など、ややマニアックな方向に走ってしまったせいか、その後のセールスはジリ貧になっていきます。昨年からはシングル年1作、さらにアルバムは今春のカバーにこのベストと、オリジナルが05年末から出ていないのも気になります。年明けからベスト盤中心のツアーが行われますが、それ以降活動縮小にならなければいいのですが。
ベストコンディション~Kinmokusei single collection~(初回生産限定盤)
BMG JAPAN
posted by 覆面Z at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。