2007年12月08日

【表版】紅白出場歌手発表をうけて

 今年も大晦日・NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表になりました。今日は表版・出場歌手一覧を見ての感想を。

 紅組は、先に発表になっていた中川翔子、リア・ディゾン、AKB48に加えて、Berryz工房、℃-uteが初出場、モー娘。も10周年記念スペシャル隊として出場。ハロプロ枠3組、女子アイドル軍団が4組も・・・ってのにはさすがに驚きましたね。出場順をどう配列するかにもよるけど、わからない人には「さっきでた娘がまた出てる」状態じゃなかろうか(苦笑)。ちなみにAKB48は、僕も全員がテレビで歌ってるところは見たことがありません。もしかして紅白がメディア初披露?

 しょこたん、リアはセールス的には微妙なところ、おそらく話題性優先での出場でしょうね(来年も同じセールスならたぶん1回限りでしょう)。あと中村中も予想通り初選出(当然紅組^^;)。「友達の詩」は今年初めの歌だし、売れたかっていうとむしろ印象は薄いと思うんだけどね。登場シーンでどう紹介されるのか楽しみです。

 再登場は再結成のあみんと中村美律子。中村は昨年とかも何で選ばれないのかなと思ってたのでいいとして、あみんはだいたい1組はNHKが持ってくる懐かしのアーチスト枠かな? 白組は寺尾聰と対ですか(それとも米米か?) 今年はすぎもとまさとも出るし、若干フォーク系の色も出した人選だったんでしょうか。

 白組は再登場が多く、まったくの初出場は馬場俊英とすぎもとまさとの2人のみ。馬場は正直意外でした。やっぱりNHK教育TVの番組出演で「中高年を後押しする存在」としての期待の声が大きかったんでしょうか。彼が当選なら、曲といいセールスといい、中孝介「花」なんかも選ばれてしかるべきかな、と思ったんですが。すぎもとは昨年の秋川再来の最短距離かも、ですね。すでに夏くらいからチャートに入ってきてるんで、さすがに来年1年のロングランヒットにはならないだろうけど。

 再はEXILE、Gackt、米米CLUB、寺尾、平井堅、槇原敬之(たぶん抜けてないよね)。徳永英明は2年、コブクロ、スキマは3年連続出場となりました。SMAPは12/15新曲発売の1曲のみなのに出場ってのは、いつぞやのTOKIOよりひどいな~って感じですか(しかもテレ朝のスポーツ番組応援ソングなのに)。WaTも今年はソロの印象の方が強いんだけどな~(しかも「Ready Go!」はこれまた民放のバレーボールタイアップだったし)
 Gacktは大河ドラマつながり、EXILEは昨年はメンバーチェンジ直後で辞退からの復活、槇原はリスタートの意味もあって承諾したんでしょうね。w-inds.は何とか出場枠を守りました。
 
 裏版では「今年の出場歌手」からは見えて来ない人選、について書きます(^^)。
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC(PC)(M)
会いたかった
DefSTAR RECORDS
posted by 覆面Z at 22:55| Comment(5) | TrackBack(2) | メディア雑感 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。