2007年12月19日

12/26予想 コブクロ&BUMPは何万枚?

 時間ない上に撹乱要因多すぎ(^^)。
 早速来週のチャート予想です。新曲は少ないはずなんですが、既発曲ですんなり下げていきそうな曲とそうでない曲の見極めが非常に難しいです・・・
アルバムは大物対決第2ラウンド。

 ではまずシングルから。
1.SMAP「弾丸ファイター」
2.東方神起「Together」
3.すぎもとまさと「吾亦紅」
4.モモタロス, ウラタロス, キンタロス, リュウタロス「Climax Jump DEN-LINER form」
5.桑田佳祐「ダーリン」
6.V6「way of life」
7.吉井和哉「バッカ」
8.ZARD「グロリアス マインド」
9.KOH+「KISSして」
10.おしりかじり虫「おしりかじり虫」

 初登場は4曲と少なめにしました。愛内里菜、今週くらい低ければ(しかも2種類×初回と通常盤発売ですか^^)入ってくるかもしれないけど、既発曲の再浮上の方が有力な気がする・・・むしろあるとすればKOTOKOの方でしょうかね。レミオロメン、YUKIの2週め圏外、KAT-TUN、ケツメイシ、今週アルバム発売のEXILEに来週発売のコブクロも捨てがたかったけど、10位はおしりかじり虫をもう一回おすことに。

 1位はSMAPで100%間違いないでしょう。無理やり紅白にあわせてきた感がありますが、夏の世界水泳タイアップ「Princess Mermaid」はいったいどうなったんでしょ? 今作、何か難しいコード進行の裏を縫うようなメロディーで、個人的には気持ちよく聴こえません。ただでさえソロでは生番組的には厳しいのにな~ それにしても彼らは頑なに1種発売を守ってますね。そこんとこだけはすごいな、って思いますが。やはり「SMAP×SMAP」という、ベースになる人気長寿番組があるのは強いですね。お笑いでもだいたい残っていく人はそうですし。

 2位は4万枚前後で定着してきた東方神起。第2のAAAになりそうな毎月発売が裏目に出なければいいんですが、今週のメンバーなら3万枚でも2位いけるでしょうかね。しかし年末年始の音楽番組はCDTV年越しライブだけ? 3位以下は2万枚超えがあるとすれば電王シングルか。でもそろそろ疲れが出始めてくる頃のような気もするので、今週化けたすぎもとまさとを思い切ってTOP3に置きました。で、まだ余力がありそうな桑田を5位に。V6は毎回85%くらいは初動から落としてくるので、さすがにTOP10落ちはないと思うけどここくらいでしょうか・・・ 7位吉井はアルバムリカット、タイアップもないようだけど何か意図があったんだろうか・・・
 
 続いてアルバム。BUMP OF CHICKENとコブクロのガチンコ対決です。シングルセールスを見る限り、意外にも初動はBUMPの方が上なんですよね。オリジナルがひさびさなことを考え合わせても、1週めはバンプの方が上に来る気がします。コブクロはむしろロングヒット型かな。問題は初動。EXILEが67万枚をたたたき出したところ、どっちかが50万枚を超える可能性は十分あると思います。逆にミリオン達成のための第一条件かも。

 伏兵はGacktの歴代ガンダムタイアップ曲収録盤。Amuro盤、Shar盤と3枚同時リリースみたいで、集計が一緒になればコアファンは複数買い必須だろうからな・・・全盛期のガンダム完全網羅なだけに、もしかしたら2桁いく?それでも5位あたりが濃厚というのがひさびさにハイレベルな証拠なんですが。Dir en grey の2枚同時ベスト盤はTOP10線上か。何せ、EXILE、ドリカム、ファンモン、小田、B'z、アイのうた、徳永・・・急激に下げそうなアーチストは1,2組でしょうからね(^^)。

 
 早くデイリー初日が見たいです。
5296(DVD付)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
orbital period
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
posted by 覆面Z at 12:09| Comment(8) | TrackBack(3) | チャート予想 | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

12/19速報 EXILE67万枚&すぎもと急浮上!

 週間チャート速報が発表になりました。注目の上位争い。
 ラストレコーディングとなったZARD「グロリアスマインド」は初動5.0万枚、2位ということに。TOP10獲得作品数はおそらく?これで止まってしまいそうなので、サザンには及ばずB'zにも来年はまた離されることになりますが、初動の高さはファン以外のリスナーも巻き込んだ今年の一大音楽ニュースであることを改めて感じさせられました。

 この曲、聴いた個人的な印象なんだけど、メジャーでもマイナーでもない中間的な色合いの中にあるせつなさを感じました。彼女のボーカルもどこか線が細く聴こえるのは、やっぱり先入観があって聞いてるからでしょうね・・・

 で、ZARDをおさえて首位獲得のV6「way of life」。タイトルが地味なら曲も地味、見てはいないんだけど「SP」の内容にも合ってるのかな・・・でも個人的にはこの上がりきらない感じのバラード好きです。坂本&井ノ原がいないとボーカル面では成立しない曲でもあるけど(苦笑)。

 3位はレミオロメン「Wonderful&Beautiful」、4位はYUKI「ワンダーライン」が定位置。ただ両者とも初動が少しづつ下がってます。特にレミオロメンは今回は結構売れ線のいい曲だと思ったんだが、減少傾向に歯止めかからず。「Wonderful」の「f」の発音が全然「f」になっていないのがすっごい気になります・・・ 5位がおそらく桑田で6位がBoA「LOSE YOUR feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA」。この手のダンスナンバーになるとバラードより2割くらいは落ちますね・・・初動2万枚切りました。

 で、7位にすぎもとまさと「吾亦紅」が初TOP10入り。控えめに10位に予想していたのは控えめすぎた・・・残念。9位は何とか8作連続TOP10入りを守った清木場俊介「SAKURA」。残る8,10位はKOH+&KAT-TUNか? 比較的メンバーの予想は当たっていたようです。

 続いてアルバム。びっくりのびですわ。EXILE「EXILE LOVE」が初動で67万枚のK点超え大ジャンプ。初日の指数は勢いだけじゃなかったんですね(汗)。これは3週くらいでいきなりミリオンとか? ちょうど年末年始とも重なるので、音楽番組出演がいいPRになりそうです。2位ドリカムの「AND ILOVE YOU」も初動37.4万枚とこちらも前作を大幅に超える勢い。さらに5位にFUNKY MONKEY BABYS「ファンキーモンキーベイビーズ2」が入りました。あのジャケ写でよく売れたと思う(ウソ)、ではなく、何とかこのくらいの位置に落ち着けるか。TUBEの冬作「WINTER LETTER」は7位、これだけのベテランにしてはというか、だからこそというか、抜群の安定感。
9位ウルフルズ、10位INFINITIY16までが入り、先週予想で微妙と判断したところがすべてTOP10に入って来ました。

 ということで既発盤は3,4,6,8位。3,4位は小田和正とB'zとして、6位が1つ下げと奮闘した「アイのうた」(記事があるのでそっちも読んでね^^)、8位はなななんと徳永英明「VOCALIST3」。デイリーで瞬間だけまた3作同時TOP10入りしてたんですよね。先日累積出荷枚数200万枚というのを聴いて、「こないだまでミリオンって言ってたじゃん・・・」と思いつつ、3枚同時に売れるから枚数の増加ペースも早いんですよね。R25もコブクロもEXILE旧盤もいるし、春先から変わっていないメンバーが4分の1らいはいる感じです(^^)。

{amazon B000YY68LW
posted by 覆面Z at 23:41| Comment(1) | TrackBack(6) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

河口恭吾・カバー盤発売は早くも守勢か

 最近乱発気味とさえ言えるカバーブーム。徳永英明のようにある種「攻めのカバー」もあるのだろうが、中にはオリジナルでのセールスが見込めないため、底上げ、あるいは最後通告と言ってもいい作品もあるのが現状だと思う。

 03年に「桜」がヒットし、遅咲き男性ソロシンガーとして注目を浴びた河口恭吾。その後「桜」を超えるヒットに恵まれず、06年2月発売のベスト盤を最後にレコード会社移籍となった。このときも1曲目に尾崎豊「I LOVE YOU」カバーが収録され話題になった。その後シングル4枚、アルバム1枚は出たものの、このタイミングでカバーアルバム「君を好きだったあの頃」発表。何となく攻めのカバーではない、発売せざるをえない事情を感じてしまうのは僕だけだろうか。

 曲目もドリカム「LOVE LOVE LOVE」、久保田利伸「LA・LA・LA・LOVE SONG」、藤井フミヤ「TRUE LOVE」などはいわばカバーの”定番”。小田和正、CHAGE&ASKA、宇多田ヒカルのメガヒット曲など、彼がこの曲をカバーする必然性を感じるには?がつく曲が多かったようにも思う。しいていうなら、彼のソフトなボーカルからは意外だったFLYING KIDS「幸せであるように」、キョンキョンの「優しい雨」、そして唯一シングル曲ではない槇原敬之「LOVE LETTER」あたりに個性が見られた感じか。

 彼のボーカルは素晴らしいし、適度に抑えた生音中心のアレンジで統一されたプロデュースの方向も間違っていないと思う。一方でLeadや中孝介などに曲提供もしているのだから、やはりオリジナルが聴きたいというのは無理な願いなのかなあ。
君を好きだったあの頃
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)
posted by 覆面Z at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。