2007年11月30日

ちょっと難しかった?mihimaruの解釈

 11/5付けの記事「新しいカバーの流れを作るかmihimaru新曲」で、彼女らの新曲「I SHOULD BE SO LUCKY」について取り上げた。あの時点ではフルサイズで聴いていなかった曲を、今回ようやく聴くことができた。感想は・・・う〜ん、これ、カバーじゃなくていわゆるヒップホップでいう「素材借用」の拡大版、って感じかな・・・(実際本人も「カバー」ではなく新解釈って言ってるので、僕の早合点だったのかもしれないけど)

 カイリーミノーグが歌っていた原曲はAメロを2回繰り返したあと、A'メロ(転調)→Bメロ(メロ内で転調)→サビでまた転調と、似たようなフレーズを繰り返しつつめまぐるしく転調する展開のスリリングさがひとつのウリ。だからこそサ、ビのキャッチーなメロディーが引き立つし、リズムが単調でもポップスとして成り立っている気がした。mihimaru GTはこれを大胆に分解して再構築したのだろうが、原曲のよさがどれだけ伝わるかな〜と少々疑問になった。おそらく彼女らの同年代にはまったく新しい作品として受け入れられるのだろうけど。

 適当な引き合いかどうかわからないが、似た事例にKICK THE CAN CREWの「クリスマス・イヴ Rap」を挙げていいと思う。これも山下達郎「クリスマス・イヴ」のカバーではなく素材借用の類だけど、原曲の流れを壊さずその上に自分たちの解釈を加えている感じで、世界観には共通するものを感じるのだ。mihimaru GTの果敢なチャレンジは、おそらく僕の世代にはちょっとついていけない感じだが、デイリーチャ−トを見る限り上々の滑り出し。週間で何位に入るか見て行きたい。
I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ(初回盤A)(DVD付)
ユニバーサルJ
posted by 覆面Z at 20:09| Comment(2) | TrackBack(1) | J-POPよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

11/28確報 ロングセラーも耐え切れず・・・

 週間チャート確報です。ロングセラーの大半がとうとうTOP30から消えていきました。次は再浮上するとしても年末年始のチャートあたりになるんでしょうか・・・

●Ultra Music Power Hey! Say! JUMP(5位)
 首位から4つダウン。2週めで3.3万枚、8割減というのはそれでも結構踏ん張ってる方かもしれません。まだバレーやってるからね・・・
●蒼く 優しく コブクロ(8位)
 2つダウン。3週めにしてNEWSと順位が逆転しました。2万枚でこの位置か・・・
●weeeek NEWS(9位)
 4つダウンながら3週TOP10入り。最近のジャニーズ作の中では健闘している方か。
●Hurry Xmas L'Arc〜en〜Ciel(10位)
 8つダウン。アルバムも出たことだしやむを得ないでしょう。

●旅立ちの唄 Mr.Children(11位)
 4つダウン。ラルクとはほんの150枚差で、この新曲ラッシュの中4週めは惜しくもTOP10入りならず。
●モノクローム Kanivalism(12位)
 初。前作はTOP10入り(9位)してたんですね・・・僕の中では印象が薄いんだけど今回も健闘。3種類発売がきいたんでしょうか。
●旅立つ日〜完全版 JULEPS(13位)
 先週一気にTOP10目前まで上げたが、今週は2つダウン。ちょっと時期が悪かったか・・・
●ジュゴンの見える丘 Cocco(14位)
 初。9月に沖縄限定で出たシングルにC/W等手を加えた全国発売。
●いつまでもメリークリスマス INFINITY 16 welcomes SHOCK EYE from 湘南乃風,MUNEHIRO(15位)
 初。前作最高位14位ということで実質横ばいか。どーでもいいことだが、徐々にwelcomesの後のアーチスト頼みじゃない票がついてきてるようですね。

●浮世CROSSING UVERworld(16位)
 13ランクダウン。今回も下げが思いのほか早かった。やはり曲がパターン化してきてる影響?
●無限の風 奥田民生(17位)
 初。1年4ヶ月ぶりシングル。もはや彼の場合は、このくらいで売れ続けるのをよし、としてる部分がありますから。
●俺たちの明日 エレファントカシマシ(18位)
 初。いや驚きました。ここまで浮上してくるとは。やはりアクの強いアーチストは、一度浸透すると何かのきっかけで生き返ることがあるんだな、と思った曲。
●さいごの果実 坂本真綾(19位)
 初。こちらは1年5ヶ月ぶりシングル。このブランクでTOP20入りは立派。
●罠 THE BACK HORN(20位)
 11ランクダウン。こんなところでしょうか。

●TVアニメ『らき☆すた』キャラクターソング Vol.011 泉かなた(島本須美)、泉そうじろう(平松広和)(21位)
 TVアニメ『らき☆すた』キャラクターソング Vol.012 黒井ななこ(前田このみ)、成実ゆい(西原さおり(24位)
 初。らき☆すたキャラソン最後?を飾るVol.011&012は両方ともTOP20外へ。激戦週とはいえ、各7000万枚前後、そろそろ潮時だったのかもしれません。
●創聖のアクエリオン/アポロ(寺島拓篤),シルヴィア(かかずゆみ),麗花(小林沙苗),AKINO from bless4(22位)
 6つダウンながら、他の曲の下げ具合から見れば踏ん張っている。3週め。
●人 GReeeeN(23位)
 15ランクダウン。初登場8位も低いな〜と思ったが、今週ここまで下げるとは。早くも飽きられた?
●LAST ANGEL feat.東方神起 倖田來未(25位)
 15ランクダウン。先日Mステがらみの記事で書いたけど、倖田來未のシングルと考えるとかなりの下げ幅。結局どっちにとっても効果中途半端なシングルになっちゃった気が。ちなみに先週4位の東方神起は飛び越えて30位圏外へ。

●花の名 BUMP OF CHICKEN(26位)
 11ランクダウン。粘っていた曲もここまで下げてきました。
●Sakura addiction 雲雀恭弥+六道骸(27位)
 13ランクダウン。こちらも3週めまでTOP30入り。
●宇宙に咲く コミネリサ(28位)
 初。アニメ系の人でしょうか。作詞を本名名義で手がけています。
●カラフルDAYS 南春香(佐藤利奈),南夏奈(井上麻里奈),南千秋(茅原実里)(29位)
 初。こちらもアニメ系。
●Chasse 詩月カオリ(30位)
 初。そして最後も「ハヤテのごとく」アニメタイアップ。うーん。

 ということで、東方神起(4位)、GARNET CROW(12位)、雅(13位)が1週で、大塚愛(同17位)、ASIAN KUNG-FU GENERATION(同18位)が2週でTOP30圏外へ。SoulJa、おしりかじり虫もとうとう消えました。まだ2週くらい新曲大量発売が続くことを考えると、ここからの盛り返しは難しいかな・・・

 アルバムのTOP10残り3枚は、速報で書いたとおりKinKi、バックストリート・ボーイズ、DJ KAORI(V) の3枚でした。
 11位以下では15位にONE OK ROCKが入ったのが大健闘か。彼ら、若手ならではの華やかさも持っているうえ大手事務所がバックにいるので、あくまで音楽&ライブ主体に地道に活動していくのかある時点でメディア露出攻勢をかけるのか注目したいところ。
 accessが14位、夏川りみのポップスカバーは19位と物足りない結果に。J-POP勢では3週目の槇原、2週目の佐藤竹善も大きく順位を下げ苦戦。逆に月9のサントラが異例のTOP20入り、さらには27位に今年のクリスマス本命?アルバムが上昇してきました。

posted by 覆面Z at 23:58| Comment(1) | TrackBack(1) | チャート結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

12/5中間 TOKIO首位発進も大混戦!!

 デイリーチャート初日が出ました。TOP20のうち15曲が初登場。しかも指数が出ている3曲は9000前半で大接戦。これはすごいことになりそうです。

 上位10曲はTOKIO−Acid Black Cherry−Berryz工房−ERIKA−倉木麻衣−mihimaru GT−(ケツメイシ)−AIDSチャリティProject−(KAT-TUN)−(KOH+) と7曲が新曲。11位 以下、SOUL'd OUT、FLOW、ACIDMAN、Salyu、鈴木亜美〜、COLOR、Crystal Kay(シングル扱いなんですね^^;)と予想通りTOP10に届かないかな、ってメンバーがほぼ来ました。平原綾香、てるてるBoys、Superflyなどは20位圏外。意外とここは波乱がなかったですね。鈴木亜美が20位以内に入ったのはちょっと驚きだったけど。

 で、首位TOKIOの新曲は長渕剛プロデュース。3種類発売、指数9448ということで2日め以降大きく落とさなければいいんだが、金曜ドラマの主題歌ということで踏ん張れるか。初動枚数はいっても4万枚台でしょうかね。

 2位Acid Black Cherry。1st、2ndと初動をあげてきている不気味な存在。前作は3.5万枚だったが、今回はこれを上回ることはほぼ確実か。3位Berryz工房、こちらも前作初日の指数を上回ったが、初動2.2万枚だったことから明日以降ペースは落ちていきそう。首位争いはちょっと無理かな。

 4位以下。ERIKAの指数が気になります。僅差ならこちらも金曜ドラマということで週末の売上がキーになりそう。予想では1位にしたけど、今のところは何とも言えません・・・ 倉木の5位、mihimaru GTの6位はまずまず上出来&TOP10は確保か。AIDSチャリティはどちらに動くかまったく読めません。小田和正らのアルバムと連動で店頭に並べられることがあれば後半伸びてくるかも。

 既発曲ではケツメイシが一番手に。KAT-TUN、KOH+もそう枚数では離れていなさそうなので、もしかしたら3曲とも倉木の上くらいまでは戻してくるかもしれません。あとはEXILEの12位までがTOP10候補か。どれか1曲がこぼれることになりますが、壮絶な争いになりそうです・・・

 アルバムの方は上位10枚のうち7枚が新譜。TOP3は小田和正(20429)−RIP SLYME(10748)−WaT(7949) の並びに。ゴスペラーズが4位、アリス九號.が6位、ここまではTOP10確実かな。ゴスペラーズは、シングルも毎回急落しているのが気になるけど。あと原田知世が10位に入っているのにびっくり。オリジナルは5年ぶりのようだけど、レコード会社が長らくいたフォーライフを離れエイベックスに移籍しているのに二度びっくり。確かに、80年代にアイドルとして活躍してから今までの、彼女のアーチストしてのキャリアの積み方ってなかなか真似できないかも。

 首位は小田で10万枚前半、2位はRIPで6万枚前後か。WaT、ゴスペラーズとラルクが3位争いになりそうです。MINMI、Aqua TimezもTOP10当確、あとはBSB、R・ツェッペリンの洋楽勢、DJ KAORI、クリスマスオムニバスがどこまで戻してくるかですね。個人的にはKANのベストが14位に入ってきたのが嬉しかったです。比較的新しめの曲が多いですが、それだけに「愛は勝つ」だけじゃない魅力が聴けると思います。
愛してない(初回限定盤)(DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
付き合ってるのに片思い<初回生産限定盤>(DVD付)
アップフロントワークス
posted by 覆面Z at 23:07| Comment(2) | TrackBack(8) | チャート予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。