2007年09月30日

SING LIKE TALKING「Spirit of Love」

 88年デビューというから、来年でちょうど20周年。そろそろ動きがあってもいいのでは・・・と思っているのですが、今日はSING LIKE TALKINGを取り上げます。直近は佐藤竹善はじめメンバーおのおのの活動がメインで、新作はアルバム「RENASCENCE」(03年)以来出てません(^^;)。今度出るシングル「サヨナラ」は意外や意外、GAOのカバーだし、そのあと出るカバー盤「ウタヂカラ~CORNERSTONES4」もフォーク系の曲が多くて、今はSLT的楽曲をやる気分じゃないのかな・・・

 彼らの最大のヒットシングル「Spirit of Love」(95年)。メンバーがバックグラウンドに持っている黒人音楽の要素、一般受けしそうなAOR的メロディー、高度な演奏技術、美しいハーモニーなど、彼らのおいしいところが詰まった曲です。「離れずに暖めて」(93年)のスマッシュヒットで音楽通には名前が知れ始めた頃でしたが、この曲がFM曲のパワープレイに続々と決定したことからじわじわと火がつきました。レコード会社がFMのパワープレイにブレイク前アーチストを推すようになった流れの中の一組だと思います。すでに新人とはいえない完成度でしたけど。

 竹善のボーカルも圧倒的な説得力で迫ってきます。最近でこそボーカルスタイルはややあっさりしてきた印象ですが、Skoop On Somebodyなどは彼らの系譜に連なるアーチストで頌。また、ソロ活動中は小田和正、コブクロ、スタレビ、SOFFetなど年齢ジャンルの違うアーチストとも積極的にコラボを展開、攻めの姿勢を崩していません。

 直近のSLTの音は打ち込み色が退き、ややギターロック色を強めています。カバーを経ておそらく来年の活動再開時に、どんな音で戻ってくるかが楽しみです。
Spirit of Love
ファンハウス
SECOND REUNION~The Best Of Sing Like Talking
ファンハウス
posted by 覆面Z at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。