2007年08月27日

ついに出ましたR35追走のCLIMAX

 あれだけヒットを続けているアルバム「R35 Sweet J-Ballads」の後がまが出てこないなあ、と思ってたら、ついにチャート上位に浮上してきました。24日付けデイリーで3位まで上がってきた「CLIMAX ~DRAMATIC SONGS」だ。全30曲の2枚組。定価3150円。コストパフォーマンス的にはこっちの方が勝ってるかもしれない。では中身を見てみよう。

 最大の特徴は、「R35」以上に多数のレコード会社の曲が入っていること。発売元がソニーなだけに、もちろんソニー系からは久保田利伸、玉置浩二、佐野元春、松田聖子、米米CLUBなど、最も多くの曲が収録されている。さらにavexがELT、ビクターが酒井法子、ファンハウスからも小田和正やNOA、辛島美登里など多数。
 しかもバラード縛りといいながら「世界中の誰よりきっと」など微妙な曲が入っていたR35と違い、全曲が90年代のドラマ主題歌。これはリアルタイムにトレンディドラマを見ていた世代への訴求力は相当だろう。コンピにありがちな、代表曲の出し惜しみ感もさほど感じない。

 しいて残念な点をあげるとすれば、R35との曲のかぶりが6曲あること。そして「R35」に入っていて「Climax」に入っていないアーチストを見ると、稲垣潤一、中西圭三、オリジナル・ラヴ、山根康弘・・・と、女性ファンが多そうなアーチストの名前が軒並み並ぶこと。もう一つは、山根、T-BOLAN、class、藤谷&大内、中西と、今では音源入手が困難な曲が多数収録されていること。「R35」の方がより購入ターゲットの年代、性別まで絞り込まれてる気がする。「Climax」の全方位型選曲がどこまで健闘するか注目したい。
posted by 覆面Z at 20:32| Comment(3) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。