2007年08月21日

8/22Sg速報 こちらは小田16年半ぶり首位!

 続いてシングル週間チャートの速報です。枚数面では決して高レベルとはいえませんでしたが、最後まで大混戦となり、チャート争いとしては面白い結果に。

 こちらも首位獲得は小田和正「こころ」。シングル16年5ヶ月ぶり首位、59歳11ヶ月(もうすぐ60歳!)での首位、でもってアルバムの最年長首位記録も持っているし、でもシングルはこれが2作目め(当然両方とも月9)。やっぱり月9=ラブストーリーという公式に見事にのっとったかのような成績。前作「ダイジョウブ」から枚数を増やしたのもそのへんに要因がありそうです。もちろん、オーダーに的確に応えて作品を仕上げてくる職人芸はたいしたもんですが(^^)。

 2位はくしくもニューミュージック代理戦争となったTOKIO「本日、未熟者/Over Drive」。終盤小田と順位が入れ替わり粘りを見せたものの、初動で0.3万枚及ばず。ドラマ視聴率も関係あるのかもしれないが、「宙船」のときに比べればやはりサプライズ面では物足りなかったか。あと、楽曲もいかにも中島みゆき色が強すぎて、しかも長瀬がおそらくデモテープを聞き込んでレコーディングしたんじゃ・・・ってくらい歌い方も染まっていたのが残念。もう少し距離を置いてもよかったんじゃないかな。

 3位はこれまた90年逆戻り現象?で槇原敬之「GREEN DAYS」。こちらは約13年弱ぶりのTOP3入り。完全復活をアピールしましたね。前回TOP3の「SPY」も、代表曲「もう恋なんてしない」「Hungry Spider」もドラマ主題歌。(SMAPに提供した「世界に一つだけの花」もそうでしたね)。楽曲については昨日の記事に書いたので省くとして、ポップス、ニューミュージックへの回帰現象が起きつつあるんでしょうか。

 4位は先週5位のRSP「Lifetime Respect-女編-」。槇原の上を行くかと思われたが僅差で届かず。ただ枚数はアップしている様子。でも来週は怒涛の新曲ラッシュなんで一気に下げてしまう可能性あり(今週少しでも上げときたかったのが本音?) 新譜ではザ・クロマニヨンズ「ギリギリガガンガン」が8位。彼ら、良くも悪くも2万枚前後で安定してますね。速報にはないんだけど、デイリーでほぼTOP5をキープしていたmihimaru GTがおそらく5位と思われます。彼女らはようやくこのへんで定着した感じか。

 で、何と言っても驚いたのが19位→6位と尋常じゃない上げを記録した秋川雅史。ミリオン到達と同時にまた売り上げが加速し始めたようです。今週もNHK歌謡コンサートで総集編があるようだし、CDTVスペシャルの特別ゲストとしても出演するようだし、まだまだ勢いは止まらない?

 あとは7,9,10位。Hey!Say!7は残った模様だが、あと2曲は堀江、セーラーふくRemixの票上積みがどのくらいあるか、デイリーでいけば3週めに入るFLOW、Aqua Timezあたりも有力だが(ここにタキ翼の名前が出てこないのがさびしいっすね^^;)

posted by 覆面Z at 23:59| Comment(2) | TrackBack(10) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

8/22Al速報 徳永16年弱ぶり首位!

 週間チャート速報が出ました。今週はアルバム、シングルともにまるで90年代に逆戻りしたかのようなランキング。ではアルバムから。

 1位は徳永英明「VOCALIST3」。じわじわ火がついた過去2作と違い、初日以外はデイリー首位を走って、終ってみればふたけたの初動11.6万枚を記録。「Revolution」以来15年10ヶ月ぶりの首位。男性のカバーアルバムとしては吉田拓郎以来30年ぶり。先行シングルはあったものの、過去2作の実績が買われての売上でしょうね。個人的には、ここまで「VOCALIST」が売れて、彼のボーカルスタイルが浸透したなら、ぜひその前に発売になったセルフカバー「カガヤキナガラ」も聴いてほしいです。選曲はすべて彼の持ち歌(でもほぼ代表曲を網羅)ですが、アレンジやボーカルスタイルはこの時に確立されたように感じるので、違和感なく聴けると思います。
 カバーからオリジナルに戻った途端にまたチャートを大きく下げる、というのでがあまりに寂しいですから(^^;)。

 2.3位はZARDの追悼編集盤が入りました。初動8.9万枚&8.7万枚といまひとつ伸びず。選曲がややコアなところに寄った分、ライトファンは手が伸びなかったんでしょうか。15周年ベストと合わせると、シングル含むかなりの部分をフォローすることになるので、ここまでは比較的親切な選曲だな、とは思ったんですが。それにしても、死後の売上が60万枚近くに達すること自体がすごいことですよね。ここまで盛り上がったのって、本田美奈子以来かな? また抜かれるとはいえ、宇多田ヒカルを抜いてアルバム総売り上げ女性ボーカル4位のアーチストになったのもすごい。来週以降の粘りに期待したいです。

 あとは何と「ブラバン甲子園」が17位から9位に順位を上げTOP10入り。デイリー初日では止まったかに見えたが、その後の甲子園の熱戦で再び浮上。これ、普段何気なく野球中継の後ろで流れてる曲たちを真剣に聴くのって何だか不思議な感じがしますね(^^;)。実際高校の応援団や吹奏楽部あたりでの需要もあるんだろうか。曲を差し替えれば来年第2弾とかも出てきそう(きっとそういうこと考える人いるよね?)

 既発盤ではR35がまたも枚数、順位ともにアップ。徳永の代表作を収録していることも影響したか。コブクロも13位から10位に再(何回?)浮上。もうすぐ250万枚ですか。これだけのブレイク作、今後アルバムでも出るのかな。あとはスキマが4位、モマジ、ORANGE RANGE2枚が5,7,8位か。Micro of Def Techは予想外に下降が早かった模様。今週はZARDと徳永の旧譜2枚も再浮上してるし、本当に90年代&ポップス一色って感じです。
VOCALIST3(初回限定盤A)(DVD付)
UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
posted by 覆面Z at 23:58| Comment(2) | TrackBack(3) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。