2007年08月24日

女目線に半端さを感じてしまう?RSP

 三木道三のヒット曲「Lifetime Respect」のアンサーソングとして、関西から火がつき、ついにCD発売→シングル週間チャート4位まで上昇(デイリーでは1位獲得!)したRSP「Lifetime Respect-女編-」。メロディーはもちろん、曲のテイストも大幅には変えず詞だけを女性目線に大胆に書き換え、「俺」への愛の気持ちをてらいもなく歌っている。やっぱりこの曲、湘南乃風の「純恋歌」の関西版の女性版という印象だ。

 が、関西発、関西弁の設定にしては歌詞が甘いのはなぜだろう。歌い出しこそ「しょーがない」「~したいねん」と関西弁らしいフレーズが出てくるが(そもそもこの「~したいねん」が一般的な関西弁なのか?という指摘もありそう^^;)、あとは全部標準語に近い。さらに「あたしに愛さしてほしい」なんておかしい言い回しも(「愛させて」が正しい?)。「一生一緒にいてほしい」と「一生一緒にいてください」のフレーズの同居。「あんた」と「あたし」の距離感がいまいちつかめないのだ。

 原曲と歌詞を比べると、忠実なほどに「男目線」→「女目線」に翻訳されたかのような歌詞。なら、いっそサビの三木道三のサンプリングフレーズも取っ払って、一貫して女目線にした方がよかったのではないか。武骨なこのフレーズが残ってるために、彼女らのボーカルの部分が余計に中途半端に聴こえてしまうのだ。意外と話題性は短命で終ってしまうかもしれない。
Lifetime Respect-女編-(初回生産限定盤)(DVD付)
ソニー・ミュージックレコーズ
posted by 覆面Z at 19:05| Comment(4) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

8/22確報 ミリオン報道で秋川&徳永加速

 週間チャート確報が出ました。新曲は30曲中9曲ということで、既発曲にもいろいろ面白い動きが出ています。

●Lifetime Respect-女編- RSP(4位)
 既発曲中トップ、順位も初登場の先週から1つアップ。ただ枚数は微増に終わり、来週桑田、aikoが間違いなく上に来るため、これ以上の順位アップは厳しいか?
●俄然Yeah! mihimaru GT(5位)
  初。前作最高位7位との比較では初動も若干戻しました。これが「ダリヤ」CM効果の薄れととるか、ヒップホップ色の強い楽曲でも票が取れるようになったととるかは微妙なところ。
●千の風になって 秋川雅史(6位)
 13ランクジャンプアップ。枚数倍増です。ミリオン報道その他もろもろの効果はおそろしい・・・
●Hey!Say! Hey!Say!7(7位)
 枚数減ながら順位変わらず。目安のTOP10入り3週にも到達。期間限定から恒常ユニットになるのか注目。
●Answer FLOW(9位)
 何と2つ浮上で再TOP10入り。ドラマの視聴率、結構いいんでしょうか。曲的にはいつものFLOWと何ら変わりない気がするんだけど。
●ALONES Aqua Timez(10位)
 2つダウンながらこちらもTOP10入り3週をキープして粘ってます。このアップテンポが受け入れられたのは今後のアルバムやライブの展開に大きくプラスになるはず。

●PEACH/HEART 大塚愛(11位)
 2つダウン。惜しくもTOP10入り4週はならず。ただ、「CHU-LIP」では行きすぎていたおふざけ加減が、この程度なら全くOKだったという意味では、今後の収穫になりそうな作品。
●SAMURAI タッキー&翼(12位)
 首位から11ランクダウン。Hey!Say!7にも抜かれました。これだけ新曲が少なく、かつ24時間テレビなどテレビで見ない日がないくらいだったのにこの売上減・・・ジャニ勢の中でもV6といい、avex勢は苦戦してますね・・・
●もってけ!セーラーふくRe-Mix001~7 泉こなた(平野綾),柊かがみ(加藤英美里),柊つかさ(福原香織),高良みゆき(遠藤綾)(13位)
 10ランクダウン。さすがにRemixでの2週連続TOP10はならず。
●恋する天気図 堀江由衣(14位)
 初。発売日が2日遅かったのが響いたか。田村ゆかりも意外に低調だったし、来週の水樹奈々の動向によってはアニメ声優出身アーチストの淘汰が始まってくるのかも。
●Ladybird girl the pillows(15位)
 初。前作は2種発売で最高13位。今回1種で初動1万枚を超えており、次作は仕掛け次第ではTOP10を狙えるところまで来そう。avexでは数少ないバンド勢だけに出方を見てみたい。

●PERFECT-ACTION  野上良太郎&モモタロス(佐藤健・関俊彦)他(16位)
 3つダウン。1万枚超はここまでで先週比6作減。
●イケナイ太陽 ORANGE RANGE(17位)
 4つ再浮上。大塚愛といい、こちらもドラマ好調にも引っ張られてるんでしょうか。
●星屑サンセット YUKI(18位)
 14ランクダウン。今年ベスト盤リリース。もうそんな曲数なんですね。ファンがそこそこ固まりつつあるのか、最近は配信の方に力を入れていたのでCD発売前にそちらに流れた可能性も高そう。
●シャカビーチ~Laka Laka La~ UVERworld(19位)
 17ランクダウン。うーん、初動からの落ちがだんだん大きくなってきてるから、累積売上ではもうピークを過ぎてる可能性が。デビュー作からそうだけど、サビ以外が頭に残らないような気がするのは僕だけ?
●夏空グラフィティ/青春ライン いきものがかり(20位)
 10ランクダウン。先週上位にいたソニー勢が軒並み順位を下げることに。タイアップが外れたらまだ危なそうな状態ですね。

●Mint 愛内里菜(21位)
 初。7ヶ月ぶりシングル。これだけ新曲が少ない中20位からも外れたのはブレイク以降では初めてでは?
●熱帯夜 RIP SLYME(22位)
 枚数は4割減だが順位変わらず。
●はなをぷーん/ふたりはNS きら☆ぴか(23位)
 何と1つ再浮上。「きら☆レボ」効果はこういうところに出るんですね・・・
●サヨナラの向こう側 風味堂(24位)
 シングル3部作の最後でようやくTOP30入り(前2作は最高位35位と46位)。多少のドラマタイアップ効果があったとはいえ、やっぱりバラード系の人達なんでしょう。ただ、何でこんなにキー設定がむやみに高いのか?
●glitter/fated 浜崎あゆみ(25位) 3つ再浮上。

●チャンスの前髪/人生の扉 竹内まりや(26位) 3つダウン。
●愛唄 GReeeeN(27位) 2つ再浮上。
●L・O・V・E U リア・ディゾン(28位)
 12ランクダウン。ファンはすでにアルバムに、それ以外の層からはあまり手が伸びなかったみたい。
●キラメキアワー Every Little Thing(29位)
 15ランクダウン。もはやアーチストパワーの問題ですね・・・
●every little thing every precious thing LINDBERG(30位)
 3.7千枚とハードルが低くなったため、今はすでに解散している彼女らの再発盤が異例のTOP30入り。もちろん阪神・藤川投手効果ですが、 過去にこんな事例ってありましたっけ?

 さて、先週最高位&今週圏外大本命だったAKB48(6位)ですが、今週何位まで下げたんでしょうか。もしご存知の方いたら教えて下さい(^^;)。

 続いてアルバム。上位は速報の記事に譲るとして(書いたとおりの並びでした^^)、徳永の「VOCALIST」2枚が18、19位にそれぞれ再浮上。こちらも累計ミリオン報道でまた加速したようですね。カバーアルバムと言われようと何と言われようと、40代後半に入って新たな鉱脈を発見して、全盛期をリアルタイムで知らない人にも作品を聴くチャンスを作れたって、それだけで凄いのかもね。しかも、(言葉は悪いけど)病気療養で一度「死に体」になってるから余計に。意味は違うけど、シングル3位の槇原も同じですか?

 あと再浮上組はアヴリル・ラヴィーン(11位、フェス効果の余韻か?)、ZARD(12位、新作効果ですね)、中孝介(24位、おそらくNHK「夏うた」効果かと)といったところ。Coccoは同じ夏うたでもこのアルバム収録曲でなかったせいか、そのまま下降して30位に。新譜は松本和之、Metisともに想定内のところに落ち着きました。

posted by 覆面Z at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

8/29中間 aiko逃げ切りでいよいよV?

 デイリーチャート初日が更新されました。いや、びっくり。

 まずシングルから。aiko(16388)-桑田佳祐(13386)-中島美嘉(8658)-水樹奈々-東京事変-銀杏BOYZ-吉井和哉-(小田和正)-the brilliant green-アンティック-珈琲店- と上位10曲中小田を除く9曲が初登場。13位まで下げたRSP以外はめずらしく予想とメンツも合ってます(^^)。さすがにアンティック~は週間では厳しそうなんで、RSPと秋川がどこまで戻ってくるか。槇原、TOKIOは厳しいでしょうね。

 で、首位は桑田ではなく何とaiko。固定票に加えてドラマ票も獲得したようで、もしかしたら10万枚に乗せてくるかも。両A面といいつつ、今回あえてドラマタイアップの方を2曲目に持ってきて、テレビ出演も「横顔」の方をメインで歌っているが、もしかしたら途中で「星のない世界」に切り換わるのかもしれないですね。
 2位桑田はタイアップの映画「Life 天国で君に逢えたら」が25日から公開。おそらく後半上げてくるでしょう。まだTOP争いはわかりません。「東京」みたいな実験作ではないので、前作には届かなくても10万枚は超えてくると思うんですけどね。

 3位の中島美嘉は読めなかったなあ(^^;)。タイアップドラマ「LIFE」との相性がよほど良かったんでしょうね。あと、楽曲的にもひさびさにバラード系じゃないけどマイナーっていう、NANAの世界にも通じそうな(でもロックではない)いいところを突いてきたと思います。このペースだとひさびさに5万枚超? ドラマが週末なのもいい方に働きそう。

 4~7位は週を通してどこまで持ちこたえられるか。ちなみにMステには桑田、aiko、中島、吉井、(TOKIO)が出演。こうなると東京事変が厳しいか。あと銀杏BOYZの動きが一番読めないかな・・・
 9位ブリグリはFLOW同様「探偵学園Q」効果が出ればTOP10に残りそう。何だかんだ言って今期もドラマタイアップの力はやっぱり強いです(^^;)。

 11位以下の注目。11位・島みやえい子。勢力拡大しつつある「I've」関連です。 12位・Yellow Magic Orchestra、RYDEEN79/07はiTuneの配信でかなり上位にいたので、そっちですでに売上の一部は満たされてるかも。14位・清春、明菜のカバー曲ということですが売上にはあまり影響しなかったか。15位・DEEN、彼らも安定期に入って人気しぶといですね。元ビーイング勢の中では、うまくAORにシフトしましたね。16位・鈴木亜美、結構過激?っぽいPV、今回もツウなアーチストとの「joins」ですが、最善を尽くしてもここがアーチストパワーの限界か。18位・SunSet Swish、アニメタイアップをもらってこの位置はつらい。曲の出来、不出来の差がまだ結構あるような気がする。こんな感じです。

 よく見ると、元ちとせ、マイラバあたりの名前がない・・・(JONTE、SunMin、WISE、のりぴーは難しいと思ったけど) 元ちとせはすごいタイアップの数だし、中孝介のブレイクなどで、まだ受け入れられる下地はあると思ったんだが・・・

 続いてアルバム。新譜勢の最高は「反逆のルルーシュ5」の3位、4位と7位に「THE IDOLM@STER」とアニメ&ゲーム関連が続き、おそらくTOP10に食い込んで来そうなのは9位のALI PROJECTくらいか。
 首位争いは徳永英明(6491)とスキマスイッチ(4059)にしぼられたようです。スキマも今週8万枚台を売っているので、複数種効果が剥げる徳永とは互角と見ていいかも。半減程度でとどめれば徳永V2が見えてきますが、そうなると16年ぶりどころじゃないですよね、きっと。
 3位以下はZARDの2枚、モマジ、ブラバン、R35、RANGEの2枚、このうちどこまでがTOP10に戻ってこれるか。ほとんど並びも変わってないようです。
LIFE
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
posted by 覆面Z at 21:33| Comment(6) | TrackBack(8) | チャート予想 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。