2007年07月14日

ERIKA週間TOPの裏に周到な作戦?

 ERIKAのデビュー曲「FREE」が絢香らを抑えて初の週間チャートTOPになった。一応ERIKA=「女優沢尻エリカ似・フランス出身の21歳の謎のアーチスト」というのが正式なプロフィールのようだが(それにしてもDJ OZMAといい、何でも謎にすればいいというもんでもないと思うのだが・・・)、この結果はある意味、用意周到な「プロモーションの勝利」のような気がするのだ。

 昨年Kaoru Amane「タイヨウのうた」がヒットし、これを演じた沢尻エリカのイメージで彼女を見ていた僕には、ボーカルの線の細さが非常に気になった。映画配給に絡んでいたTBS系の「CDTV」に出演した以外、ほとんどの音楽番組に出演しなかったのも、女優としてのイメージキープとボーカルの粗さを隠すためだったのだと思う。この時点では1回限りの企画ものだと思っていたが。

 今回、発売2週間くらい前から、PVを集中的にCMで流したり情報番組で取り上げることで、サビの部分だけが耳に残るよう「仕掛け」たのではないかと感じる。通して聞くと意外と平坦で盛り上がりがない曲なのだが、サビの部分だけは良くも悪くも歌謡ポップス的で耳に入って来やすい。音楽番組に出られない部分は、アーチスト名にひねりを入れることで話題性を補ったのではないか。YUIも顔負けのロックアレンジはさすがに意外だったが。

 もしかしたら、女優が歌うことは「片手間」ととられかねない、という制作側の思惑もあったのだろうか・・・そうなると、DJ OZMAと違い彼女がERIKAとしてデビューしたことがすごく大きな意味を持ってくる。仮に「沢尻エリカ」でデビューしていたらどうなっていただろうか。
FREE
ソニーレコード
posted by 覆面Z at 22:33| Comment(4) | TrackBack(1) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。