2007年07月12日

7/11確報 4-6ドラマ主題歌もそろそろ・・・

 週間チャート確報が出ました。そういえば、今週からですかね、レコード会社「TO」の表記が「EMIミュージック・ジャパン」に変わってます。今後特に邦楽アーチストの作品リリースにどう影響が出るんでしょうか。
 では確報で触れた以外を中心に。

●FREAKY 倖田來未(3位)
 首位から2つダウン。枚数が3.5万枚と意外と落ちませんでした。持ち直しと判断するにはちょっと早いかな・・・
●また君に会える ケツメイシ(6位)
 4つダウン。来週もTOP10に残れるか。
●愛唄 GReeeeN(9位)
 3つダウン。他の曲に比べれば粘っていますが、それでも枚数減傾向が明らかになって来ました。来週のTOP10レベルによっては圏外か。

●ありのまま SE7EN(11位)
 ここまで1万枚超え。最近の韓流勢にしては大健闘。ただ、デイリーで乱高下があったのはイベントか何かの売上が合算されたためか?やや不思議ではあるが。
●千の風になって 秋川雅史(12位)
 2週続いた10位から2つダウン。あといくらでミリオン達成ですか?
●Mahaloha 伊藤由奈(13位)
 8つダウン。もう少し粘るかと思ったら新曲勢に押し出された感じ。
●空色デイズ 中川翔子(14位)
 11ランクダウン。ま、初登場3位で今回の目標は達成じゃないですか(^^;)
●明日晴れるかな 桑田佳祐(15位)
 7つダウン。枚数も大幅に下げ、いよいよドラマは7-9期へ。

●睡蓮花 湘南乃風(16位)
 5つダウン。意外に粘ります。
●My Generation/Understand YUI(17位)
 10ランクダウン。ここらからの下げの早さが今後の課題か。
●きみにしか聞こえない DREAMS COME TRUE(18位)
 3つダウン。先週は急落、その前は粘りと交互に来てます。
●くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ KREVA(19位)
 6つダウン。3週めでこの位置、KREVA単体の売上を考えればこのコラボはひとまず成功でしょう。次に控える久保田利伸とのコラボも楽しみ。
●喜びの歌 KAT-TUN(20位)
 8つダウン。先月の月間TOP1も今月に入りそろそろ下降線。めずらしく入れ替わりのジャニーズがしばらくいないことに・・・?

●RETURNER~闇の終焉~ Gackt(21位)
 12ランクダウン。Gacktも3週めでまだこの位置と言うのはある意味1位効果があったから?
●夏のそのせい KEN-U(22位)
 初。またまたレゲエ系の新星(と言っても結構トシいってるみたいですが)のメジャーデビュー曲。
●美しい ゆらゆら帝国(23位)
 初。98年メジャーデビューのハードコア系バンド。あまりシングルを切ってくるタイプではなかったがここ2,3年何枚か出しているのは夏フェスとかの影響もあるのかな?
●HEAVENLY STAR/BREEZE 元気ロケッツ(24位)
 初。ゲームクリエイター等の制作集団によるエレクトロポップユニット、らしいです。avexの新たな鉱脈なるか。
●宇宙ハワイ feat.ハナレグミ アルファ(25位)
 初。96年結成のヒップホップユニット。どちらかというとバンドよりはエレポップ系。「HEY! HEY! HEY!」タイアップってあまり影響ないこと多いんだけど、今回は効果があったのか?


●もってけ!セーラーふく 泉こなた(平野綾),柊かがみ(加藤英美里),柊つかさ(福原香織),高良みゆき(遠藤綾)(26位)
 7つダウン。これだけ継続的に売れている=アニメ自体の影響力も広がっている、と考えていいんでしょうね。ED集のアルバムもデイリー初日4位と好調。
●SUMMERTIME feat.VERBAL DOUBLE(27位)
 初。「loves」シリーズ完結後m-floのメンバーの初仕事? 今後は他アーチストに出向いていくことになるんだろうか。
●愛しのナポリタン トリオ・ザ・シャキーン(28位)
 11ランクダウン。4-6期ドラマ主題歌の大穴でした(^^;)。
●Love is... 加藤ミリヤ(29位)
 11ランクダウン。結局アーチストとしての存在感が微妙なままここまでダウン。
●富士 島津亜矢(30位)
 9つダウン。演歌にはめずらしく飛びぬけた初登場だったが、今週は売上順位ともに大幅ダウン。

 ちなみに13曲も初登場があるのに、30位で3200枚というかなり低いレベルです。やはりシングルCD全体が売れてない、ってことですね・・・あと先週最高位&今週圏外は何とBerryz工房(4位)。ま、4位で2.2万枚ならありえるとはいえ、9割近い減なんですね・・・ 

 アルバムはZARD4位、デリコ5位、R357位、コブクロ8位と順位キープor再浮上組と、順位を下げたくるり、クリケイに明暗が分かれました。出足飛ばしていたaccessは急ブレーキで15位、渡辺美里は24位。TUBE前田のベスト盤も1週で14位とTOP圏外へ。90年代に頑張っていたアーチストがこのへんに初登場というのは個人的にはさびしいですね・・・
 あと小池徹平が6→30位に急落。やはり売れ方は完全にアイドルなんでしょうか。かつてのアイドル・中森明菜も10→17位とあっさり下降。なかなか難しいです。
告白の噴水広場
ピッコロタウン
posted by 覆面Z at 23:11| Comment(6) | TrackBack(3) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。