2007年07月08日

ロードオブメジャー「偶然という名の必然」

 こんなに早く取り上げるつもりはなかったんだけど、先日解散のニュースが入ってきたので今回はこの人たちを。テレ東系『ハマラジャ』内の企画から生まれたバンド・ロードオブメジャー。解散か活動継続かをかけたデビューシングル「大切なもの」がロング(にして結局最高の)ヒットし、5年間で10枚のシングルを発表しました。番組は違うけど同じパターンでSomething ELse、Bluem of Youthとデビューしてきましたが、これでテレ東関連の企画モノでブレイクしたバンドは全部消えちゃいましたね(バンドじゃないけどモー娘。の方が長く残るとは・・・)

 元々寄せ集め、音楽性も異なるメンバーのわりには、デビュー以来パンク系ひとすじで来ていた彼ら。転機は4th「心絵」の発売が前作から1年もあいたこと、そして次のシングル「偶然という名の必然」(05年発売)であまりにもイメージとかけ離れた難解な世界に入り込んでしまったことではないでしょうか。僕はこの曲で、単なる青春パンクバンド以上の何かを感じて彼らに注目するようになりました。ただ裏を返せば、その何かで離れていったリスナーも少なくないはず。「僕がこの世に命授かりしは偶然なのですか・・・」と自問自答するくだりは、ある意味正面から聴くにはヘビーな内容。チャートも大きく下げてしまい、もうワンクッション置いてからの発売だったら・・・

 最後となったシングル「PLAY THE GAME」はアニメタイアップもあって、ひさびさにTOP10入りしました。詰め込み気味だったメロディーはほどよく整理されつつ、持ち味の疾走感は保たれ、快心の作品だと思っていただけに解散は本当に残念。
 ちなみに彼らの本当に最後の作品はDVDと1500円という価格設定のベスト盤のリミックス。バンドにとってこのリミックスって本当に必要な作品なんでしょうか。このへんの売り方含め、メジャー移行後の売り方に疑問を感じることが少なくなかったことを最後に付け加えて終わりたいと思います。
偶然という名の必然
JUNK MUSEUM
GOLDEN ROAD~BEST~
JUNK MUSEUM
posted by 覆面Z at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。