2007年07月06日

ORANGE RANGEベスト盤2枚同発大丈夫か?

 ベスト盤が2枚同時に発売されるのが当たり前のようになったのはいつ頃からだろう、とふと考える時がある。80年代前半以前のLPの時代は、両面で長くて50分くらいがアルバムの長さの限界だった。それがCDに変わって、最長74分(のちに80分)の録音が可能になって、ベスト盤もいつしかCD収録可能ギリギリの分数まで曲を詰め込むようになった。それでも2枚以上になるのはよほどの大御所に限られていたと思うのだが・・・

 最近でも、2枚組として発売される場合と、2枚が別々の商品として同時発売されるケースがある。最近だと前者がコブクロ、スガシカオ、CHEMISTRYなど、後者がゆず、スピッツ、奥田民生、ポルノグラフィティなど。たまたま前者3組はシングル曲(とカップリング)だけで約20曲になったところで発売されたためこうなったのだと思うが、後者はゆず&スピッツのように活動期間が長いため年代で切るケースと、奥田&ポルノのように同時期のシングルを2枚に振り分けてアルバム曲と混合で発売するケース。当然両方買うと価格はアップするし、好きな時期(あるいは好きな曲調など)の方だけ仕方なく買うケースも出てくるだろう。それだけ売れているアーチストでないと商売としては難しくなる。

 さてここで取り上げたいのが25日に発売されるORANGE RANGEのベスト盤「ORANGE」と「RANGE」。前作オリジナルで「ORANGE RANGE」というタイトルを使ってしまい、苦肉の策のようにも取れる今回の2作品だが、2枚にした意味もわからないし振り分けの基準もどうも見えて来ない。シングルは「イカSUMMER」で17枚だから、彼らの曲の標準的長さならCD1枚分の収録時間に収まらないこともないと思うのだ。

 公表されている収録曲を見る限り、アルバムVer.などの変化球はあるが、ベスト盤のみ収録のボーナストラックもなさそうだ。「花」などヒットを連発していた頃の彼らならわかる。だが、ほぼシングルで固めた浜崎でも2枚同発でそれぞれ60万台に乗せるのがやっと。今回の2枚同時発売、共倒れにはならないだろうか。
ORANGE
SMR(SME)(M)
RANGE
SMR(SME)(M)
posted by 覆面Z at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。