2007年07月22日

松任谷由実「リフレインが叫んでる」

 今週のシングル週間チャートでユーミンが参加したコラボが首位を獲得したので、今回の温故知新は松任谷由実を取り上げます。名曲だらけの彼女、本当に選曲に困りました。で、今回だけはどうしてもシングル曲から選べなかったので・・・何年か前にユーミンのラジオ番組でファン投票をやっていた時にも1位を獲得していた「リフレインが叫んでる」(1988年「Delight Slight Light KISS」収録)です。この曲、僕にとっては涙なくして語れません(^^;)。

 ピアノの短いイントロから入り、「どうしてどうして僕たちは~」という印象的なサビメロから入る構成。サビとAメロ(サビ以外)の長さのバランス、1番サビからのアレンジの盛り上げから間奏に至るまで、楽曲に全くムダがないといっていいでしょう。コード進行はせつない系を醸し出すよくある循環コードの組合せで、特に転調などのヒネリはないのですが、それだけに乗っかるメロディーの良さが問われるところ。「ユーミンの曲」という主張をひそかに強く感じるメロディーラインです。

 詞の方も秀逸。タイトルからして最小限の単語連結で、別れるまで感じなかった哀しげな空間をイメージさせる内容になっています。歌詞にうまく車を織り込んでいますが、当時三菱自動車CMとのタイアップが恒例となっていた時期。クライアントの要求、時代の空気、いろんなものを読み取り、研ぎ澄ませて作品に昇華する力が彼女には備わっていたのでしょう。このあと続けてCM曲となった「WANDERER」「情熱に届かない-Don't let me go-」も好きです。今や三菱自動車の会社自体は大変なことになっていますが、当時はパジェロを初めRVブームでそれは飛ぶ取り落とす勢いでした・・・

 一時荒井由実的フォーキーな方向へシフトしていましたが、今年は「シャングリラ」などで本人のテンションも高いのか、「ミュージック」もポップな作品になっています。やはり時代を超えて、いい歌は聴き継がれていくんでしょうね、その見本のような曲だと思います。
Delight Slight Light KISS
EMI Records Japan
posted by 覆面Z at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 覆面的温故知新 | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

女性曲カバー第一人者の意地に賭けて

 徳永英明が3枚めのカバーアルバム「VOCALIST3」を発売する。過去2作はロングヒットを記録、文字通り彼のボーカリストとしての復活を後押しした。今回も全曲女性ボーカル、これで完結編と銘打っての発売だ。先行シングル「恋におちて」はTOP20入りし幸先いいスタートを切ったが、果たして3匹目のどじょうはいるのか。

 今回のリストを見ると、シングルの小林明子、竹内まりやといったスタンダートなところから、伊藤由奈(REIRA)、柴咲コウ(RUI)といった映画役名での比較的新しい曲まで、過去3作の中で一番バラエティーには富んでいると思う。年代が30年以上ばらけているので、原曲を全部知っている人は相当の音楽通だと思うが、その中でアーチストの代表曲から逃げていないところは過去2作の自信の表れか。ユーミンがセルフカバーした石川ひとみ「まちぶせ」や、僕の知る限りカバーされたことがないであろう「Time goes by」(Every Little Thing)や CAN YOU CELEBRATE? (安室奈美恵)らavex系アーチストの曲は、単純に聴いてみたいと思う。

 その一方で気になることもある。この間オリジナルのシングル曲も出ているのだが、アルバムはカバー盤かバラードベスト。もう一生その道で食っていく、ということならいいのだが、小田和正、山下達郎、井上陽水ら、上の年代のアーチストが精力的に楽曲提供やコラボをしている姿を見ると、ややさびしく感じなくもない。アップテンポの激しい曲を歌えとは言わないが、倖田來未の変則ベスト盤に楽曲提供したような動きがもう少しあってもいいのではないかと思う。同じバラードで勝負するにしても、間接的にファンを広げることになるだろうし、ファンとしてはやはりオリジナルアルバムも聴いてみたい。全部バラードになってもいいと思うんだが。(病から復活しただけでも喜ばないといけないのかな・・・)

posted by 覆面Z at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

7/18確報 アンジェラ&エナメル届かず・・・

 1日遅れの週間チャート確報です。初登場で惜しくもTOP10を逃した人、TOP10まで迫った人、見方にもよりますが11~20位に初登場がかなり固まりました。

●FREE ERIKA(4位)
 首位から3つダウン。2週めもデイリーでいったんは首位に立つなど巻き返して踏ん張りました。
●FREAKY 倖田來未(7位)
 4つダウン。枚数半減ながら3週TOP10。4曲入りマキシの一定効果はあったもよう。
●Jewelry day 絢香(8位)
 6つダウン。倖田の下に回ってしまい今週も見せ場なし。新曲ラッシュの中、来週TOP10に残れるのか?
●また君に会える ケツメイシ(9位)
 3つダウン。こちらも3週め。相変わらず急落なく安定しています。

●一期一会 中島みゆき(11位)
 初。TOP10に一歩届かずながら、「ウルルン」タイアップでこの位置は健闘でしょう。ユーミン、小田和正とover50が
存在感を見せています。
●愛唄 GReeeeN(12位)
 長らくいたTOP10からとうとうこぼれました。でもアルバムが快走。ここまでは想定外でした(苦笑)。
●ガンバレ乙女(笑)/friend アイドリング!!!(13位)
 初。フジCS放送から生まれたアイドルユニット、というかなりマイナーな出身ながら、もしやTOP10?のデイリー推移を見せました。相変わらずポニーキャニオン、アイドル系はネタを仕込んできますね・・・
●She's My Girl エナメル・ブラザーズ(14位)
 初。 鈴木雅之と黒沢薫(ゴスペラーズ) によるユニット。C/W含めて企画モノとしてはすごく面白いと思っただけに、もう少し事前のプロモができてれば・・・ 
●たしかに アンジェラ・アキ(15位)
 初。明らかに作戦ミス。auタイアップ(=携帯ダウンロード)が彼女のファン層と合ってたか、今年早やシングル3枚めというハイペース、やや酷使しすぎな感が。

●千の風になって 秋川雅史(16位)
 4つダウン。写真集も出たそうで、まさに今年の「時の人」。
●Mahaloha 伊藤由奈(17位)
 4つダウン。結果的にMicro of Def Tech とWin-Winのコラボになりました。
●恋におちて-Fall in Love- 徳永英明(18位)
 初。小林明子の名曲カバー&「VOCALISTⅢ」先行シングル。先行Sgにもかかわらず思ったより上位に来ました。
近々別記事書きます。
●睡蓮花 湘南乃風(19位)
 3つダウン。もう十分粘っているが、梅雨明け&暑い気候でもうひと粘りできるか。
●空色デイズ 中川翔子(20位) 6つダウン。

●Nephilim abingdon boys school(21位)
 16ランクダウン。相変わらず初動からの落ちが激しいです。そろそろアルバム待ちか。
●明日晴れるかな 桑田佳祐(22位) 7つダウン。
●RISE-下剋+上等- 日吉若(岩崎征実)(23位)
 初。テニプリ関連。
●ANY LOVE MISIA(24位)
 16ランクダウン。結構あっさり下降してしまいました。女性ボーカル自体は衰退ってわけじゃないと思うので、そろそろ新しい展開がほしいところなんだろうか。
●My Generation/Understand YUI(25位) 8つダウン。

●MONKEY MAJIK×MONKEY MAGIC MONKEY MAJIK(26位)
 再浮上。先日アルバムリード曲「空はまるで」を聴いたんですが、こっちを前面に出して行った方がよかったんじゃないか?ってくらいよかった。この再浮上は映画公開効果だと思うけど。
●くればいいのにfeat.草野マサムネ from SPITZ KREVA(27位)
 8つダウン。このコラボもWin-Winの関係になったと思います。やや停滞気味だったスピッツのセールスにもいい方向に結びつくといいんだけど。
●もってけ!セーラーふく 泉こなた(平野綾),柊かがみ(加藤英美里),柊つかさ(福原香織),高良みゆき(遠藤綾)(28位) 2つダウン。
●LOVE IS THE GREATEST THING w-inds.(29位)
 26ランクダウン。いつものレベルならTOP30から消えてるところでした。もうファン層の広がりを望むのは絶望的なのか?
●Altair~キミと出逢えたこと~ 少年カミカゼ(30位)
 初。自己最高位更新。 TBSドラマ主題歌の効果も多少はあったのかな・・・

 先週最高位&今週TOP30圏外は高見沢俊彦(7位)。アルバムがもう発売、もともとTHE ALFEE自体初動から急落傾向にあるので致し方ないところか。GARNET CROW、SE7ENのGIZA&韓流勢も圏外へ。急落するアーチスト群が決まってきましたね・・・

 アルバムですが、2位はGReeeeNが僅差で安室をかわしました。GReeeeN、ブレイクは本物になっちゃいました。これも完全に売り側の作戦勝ちですね。で、しぶといR35が6位、ZARD-コブクロ-ボン・ジョヴィ再浮上というのがTOP10のメンバーでした。筒美京平トリビュート、結構懐かしい選曲で、1週くらいは10位に届くかなと思ったけど・・・エイジアエンジニアは14位。あと目立つところでは、シングル発売効果で徳永英明「VOCALIST2」が何と26位に再登場、これには驚きました。きっと売場にコーナーができ(て)るんでしょうね。あとは地味に上昇を続けている九州男(24位)がどのへんまで来るか、ですね。
千年ロマンス(A)
EMIミュージック・ジャパン
posted by 覆面Z at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。