2007年07月28日

女子十二楽坊発売元が自己破産へ

 一世を風靡した、という言葉がまさに当てはまる中国美女集団(いや、民族楽器ユニット)「女子十二楽坊」の日本発売元レコード会社が、自己破産手続きを進めていることがわかった。当時、外食ビジネスのコンサルティング、店舗運営などさざまな異業種を展開していた(株)プラティアの子会社として発足、社長の塔本氏は大手レコード会社で「おニャン子クラブ」やエンヤを大ヒットさせた名物宣伝マンとして知られてきた。

 いきなり強気の戦略で成功した「女子十二楽坊」は、大量のテレビCMや番組タイアップ、メジャーどころのJ-POPカバーなどでダブルミリオンに迫るヒットとなったが、そのあとの彼女らの人気持続、その後のヒットアーチストが続かなく、大手メーカー中心の業界に一石を投じるまでには至らなかった。「イエスタデイ」でブレイク間近と言われたsacra、実力派ボーカルを擁したVo Vo Tauなど、僕も注目していたアーチストが複数いただけに、今回の破産手続きは残念であるとともに、プロモーション含めたアーチスト育成の難しさを改めて感じた。

 まったく同じ状況ではないが、アーチストがインディーズとして始めたものばかりではなく、販売を大手レコード会社に委託して、子会社としてCD制作に参入している異業種会社の名前を聞くことがしばしばある。現在の縮小するCD市場では、アニメ声優系やビジュアル系バンドなど、あるジャンルに特化して、それに見合った宣伝費や販売体制で望まないと、経営的にかなり厳しくなってくるだろう。ヒットしている間は委託されるレコード会社も販売に力を入れてくれるが、ブームが過ぎた途端そっぽを向かれる厳しさもあわせ持っているのがこの業界なのだ、と改めて感じた。
女子十二楽坊~Beautiful Energy~
ミューチャー・コミュニケーションズ
posted by 覆面Z at 22:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能エンタメ関連 | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

w-inds.慶太のノドは大丈夫か?

 シングル週間チャート初登場4位を記録したw-inds.「LOVE IS THE GREATEST THING」。橘慶太のソロ活動が始まって、グループとの路線棲み分けを見ていたが、ソロではメッセージ色の強い生音路線、グループでは洋楽&レトロフレーバーを取り入れたダンスナンバーと、うまく方向づけが出来ていると思う。w-inds.の作品としても、一時期のミディアム路線一辺倒から、色合いの違うシングルを発表する「攻め」の姿勢が感じ取られて、個人的には興味深い。

 が、「LOVE IS~」を聴いていてすごく気になることがあった。今作はサビ部の最高音域がいつもにも増して高い。厳密には一番高い音はファルセットなのだが、それがファルセットに聞こえないくらい高いし、地声の部分はかなり苦しそうだ。低音部が音域めいっぱい下までいっているわけでもないし、気持ちよく聴けるかどうかという点で、どうしても必要なキー設定だったのだろうかというのが疑問なのだ。

 前のソロシングル「FRIEND」の時のキー設定もかなりきつそうだった。ただ、この曲に関しては伝えきれなかった君への想い=心の叫びという解釈をすれば、ギリギリのキーで歌うのもありかな、と感じた。今回はどうなんだろう。
 それよりも彼のノドへの影響が心配だ。デビュー初期の曲に比べれば明らかに高音域の限界は下がってきている。酷使することで声質まで変わってしまい、他のアーチストにはないクリスタルな輝きと芯の強さをあわせ持ったボーカルが失われてしまうリスクを、周りの人たちがそろそろ見極めてあげなければいけない時期ではないだろうか。
LOVE IS THE GREATEST THING(DVD付き)
PONYCANYON INC.(PC)(M)
posted by 覆面Z at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

7/25確報 実力派も大幅下げ続出

 週間チャート確報が出ました。今週はひさびさ?に30位で4000枚台を回復。それでも低いなあ・・・と言う印象ですけどね。ちなみに新曲大量ランクインのため、大半の曲がかなり下げています。来週も引き続き新曲豊作の週。すっかり入れ替わるんでしょうか。
 では速報で触れなかった部分を中心に。

●FREE ERIKA(7位)
 3つダウン。本業が歌手の人のことを考えると、この推移って相当頑張ってるんでしょうね。音楽的なことはおいといて。
●最後の夜 清木場俊介(9位)
●五日間……バックレよう 清木場俊介(10位)
 ちょうど推定200枚の差。アップテンポの方が売れるかと思ったが、やっぱりタイトルの差ですか?

●愛唄 GReeeeN(11位)
 何と1つ再浮上。アルバムが出て約1ヶ月なのにまだこの位置で粘るとは何事?(^^;)
●ミュージック Golden Circle feat.寺岡呼人/松任谷由実/ゆず(12位)
 先週1位からよもやの11ランクダウン。最近のゆずの急落を見るようなチャート推移。それとも季節モノ?
●I’ll Remember You/BRAND NEW DAY AI(13位)
 初。おそらく前作「I Wanna Know」での不振の経験から、ブランク明けシングルは安全圏のスローテンポで来たのだと思うが、TOP10に届かなかったのは結構痛いのでは? わりと近い路線の人が今いないので、この際シングルでも幅広い路線を見せてアルバム&ライブアーチストに移行した方が得策だと思うが。
●FREAKY 倖田來未(14位)
 7つダウン。TOP10・3週限界説ここにも・・・
●OSCA 東京事変(15位)
 13ランクダウン。新曲が多かったとはいえこちらも下げがきつい。

●星 SOPHIA(16位)
 初。初動基礎票はこんなもんだと思うので、1万枚のボーダーラインがここに来たのが痛かった。
●シャナナ☆ MINMI(17位)
 初。湘南乃風プロデュースや若旦那との交際報道もいい方に出たか、枚数的には健闘だと思う。
●マリンスノウ スキマスイッチ(18位)
 15ランクダウン。これには驚きました。いくらベストが控えてるとはいえ下げすぎ?
●Jewelry day 絢香(19位)
 こちらも10ランクダウン。TOP10には2週しか残れず。

● “HANA唄” Micro of Def Tech(20位) 14ランクダウン。
●また君に会える ケツメイシ(21位) 12ランクダウン。TOP10入り3週で終わり。
●一期一会 中島みゆき(22位) 11ランクダウン。
●REMIND ACIDMAN(23位) 
 初。TOP20前後が定位置となりつつあります。
●千の風になって 秋川雅史(24位)
 8つダウン。枚数微減ながらさすがに新曲に押し出された形に。
●MONKEY MAJIK×MONKEY MAGIC MONKEY MAJIK(25位)
 1つアップ。これだけ新曲ランクインの中2週続けての再浮上は立派。映画効果がいい方に出てます。うまくアルバムにつなげたいところ。

●真夏の条件 Base Ball Bear(26位)
 初。前作「ドラマチック」でブレイク間近かと思ったが、やはりアニメタイアップ効果の方が大きかったようで。個人的には今作も結構推したいんだけど・・・
●海 Lead(27位)
 初。ただでさえテレビ等の露出が少ない上に、忘れられた頃にシングルリリース。ある意味かわいそうな面も。
●瞳ノ翼 access(28位)
 初。アニメファンの買いを当て込むも、アルバムがTOP10に届かずリカットシングルではこの位置もやむなしか。
●Sora ナナムジカ×のだめオーケストラ(29位)
 初。日産cubeとのコラボレーベル・絢香×コブクロに続く第2弾。さすがに人選ミスだと思うのだが、このアーチストの組合せを考えると健闘したといっていいのだろうか・・・
●睡蓮花 湘南乃風(30位) 11ランクダウン。

 ちなみに先週最高位&今週圏外は℃-ute(5位)でした。ま、驚く結果ではないですが、それよりアンジェラ・アキ(先週15位)があっさり消えました。初動が低かった分2週めも下げ渋るかと思ったが、そのまま下降線へ。このまま失速に向かわないか気になります。

 続いてアルバム。GReeeeNは登場4週めも5万枚をキープして3位。同日発売の安室(4位)と週間で1万枚の差がつきました。嵐は5位に。アルバムでも85%減ですか・・・(来週はKinKiが同じような感じになるのかな?)  MEGARYU、中孝介が2週めもTOP10残留、僅差でコブクロ、ZARDが押し出されました。あとはゲーム&アニメものがランクイン。シングルの傾向がアルバムでもここまで顕著になってくるとは・・・みなさん財力豊富なんですね(^^;)。
めぐる恋の季節
ZETIMA
posted by 覆面Z at 19:47| Comment(2) | TrackBack(2) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。