2007年07月31日

8/1Al速報 レンジ1-2、モマジブレイクか

 続いてアルバムチャート速報。こちらはORANGE RANGEのベスト盤「ORANGE」「RANGE」が1,2を独占。ま、これも予想通りですが、初動は21.4万枚と21.1万枚。2枚同時発売ながら、前オリジナル並みの初動が出ました。「イケナイ太陽」ではなく「イカSUMMER」の後の発売だったらどうなっていたか。ここ最近の「見直し機運」が多少なりとも追い風になっている部分はあるでしょう。来週はスキマスイッチとの一騎打ち。もしや2週連続1,2位独占はないと思うが、もしかしたらもしかするか?

 新譜3位争いを制したのはMONKEY MAJIK「空はまるで」。有線で火がつき、着うたに飛び火、先週はMステにも効果的に出演、すべての条件が揃いました。初動8.2万枚は予想以上の成績です。しかも来週も大きくは落とさなさそうな指数推移。失礼ながら半分死に体だったバンドの起死回生・逆転ホームランってところか。僕もぜひ聴いてみたいです。競ったBONNIE PINKは5位、Coccoは6位。ともに初動5.4万枚、4.7万枚は想定ないなだけに、MONKEY MAJIKがいいタイミングで抜けたってことでしょう。Coccoはやはり先行シングルも強力なリード曲もなかったため、コアなファン以外に広まらなかった気がします。ちなみに4位にはKinKi Kidsが踏みとどまったか。

 その他では7位にFIRE BALLのベストが入りました。実はTOP10入り4作連続なんですね。驚きました。あとは8,9、10位。GReeeeN、安室、SUM41、R25のうちどれかがベスト10漏れか。あとは順繰りにさがっている感じです。
ORANGE
SMR(SME)(M)

posted by 覆面Z at 19:35| Comment(6) | TrackBack(3) | チャート結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/1Sg速報 大塚3作めV&イケメン加藤躍進

 週間チャート速報が早くも出ました。やはり並びが難しかったのと、忘れた頃に滑り込んだアニメ関連。うーん、下の方の予想が難しかった・・・

 首位は大塚愛「PEACH/HEART」。1年10ヶ月ぶりと結構ひさびさ、3作のうち2作は両A面+アッパー。今回強豪がいなかったこと助けられた部分もあり、初動は6.8万枚とやはり物足りない感じ(CHU-LIPはひどすぎましたが・・・) 完全に着うたやダウンロードに流れてるんでしょうかね。そういえば人から指摘されてたまたま気がついたんだけど、「PEACH=桃=おしり」で、上下さかさまにすると「HEART」。でもって、この2タイトル、福山雅治も歌ってるんですよね。思考回路が似てるのかな? 彼女の曲も3パターンくらいに分かれてきましたね。

 2位はモー娘。「女に幸あれ」。初日ダッシュはすごかったが、週間での失速もすごかった。結局吉澤卒業シングルの前作を枚数で超えられず。ちなみにシングルTOP10入り・女性アーチスト部門で単独2位に。1位はあゆなんで、しばらく背中を追うのには時間がかかりそう。曲は可もなく不可もなくでしょう。さて来週は何位まで落ちるか。

 3位はRIP SLYME「熱帯夜」。個人的にあまり好んで聞くアーチストじゃないんだけど、今回は面白い音だと思います。熱帯夜のまったりじとじと感が出てるというか。さすがエロをやらせたらヒップホップ界第一人者?(^^;) 4位に予想した吉井和哉は後半かわされ6位に。大きなタイアップも複数種とかもなしでこの位置キープは立派だと思います。でも今年は9月にも新曲が控えてるんですよね。ややオーバーペース?

 4,5,7位はレンジ、あゆ、ボルノか。デイリー推移からの推測では今回レンジ>あゆになっていると思われるのが興味深いがどうか。8位はSEAMO。うーん、この曲調、厳しいと思ったが、初動1.2万枚でTOP10入りというレベルの低さで助かった感じ。ひとりで歌うにはメロが詰まりすぎてかなり苦しいように見えました。あの衣裳のセンスも何とかならんですかねえ・・・ 

 9位はイケメン俳優・加藤和樹がレーベル移籍第1弾でついにTOP10入り。3種発売で勝負をかけたのが見事的中。でも過去2作も16位だったんですね。このあと音楽番組への出演はあるのか、アルバムは出たところっぽいのでしばらくないとして、どうやって顔と名前を売っていくのか興味深いところ。長くやっていくには、ある程度同性からの支持も必要だと思いますからね。
 10位はラジオ「らっきー☆ちゃんねる」OPテーマ「曖昧ネットだーりん」。これってデイリーにはまったく登場してこなかったと思うんだけど、完全に「らき☆すた」の流れでアニメイト票ですよね。ついにラジオドラマからも・・・?

 僕が期待込みで入れたJYONGRIは終盤追い上げたものの一歩及ばす12位。ウルフルズは勢い不足、。キリト、上木彩矢、COLORも今回は早々にデイリーから消えました。馬場俊英が自己最高位に入っているかどうかに注目。
instinctive love(DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
posted by 覆面Z at 18:34| Comment(3) | TrackBack(5) | チャート結果速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

自動車のCMがすごいことに?

 最近ドラマや映画主題歌に比べて、CM発のヒットが少なくなったように感じる。着うたの隆盛から考慮して、15秒や30秒の間にインパクトのあるサビを聴かせるCM曲がもっと注目されていいと思うのだが。

 それはともかく、タイアップのつくCMは、そのご時世に注目されている業界を反映しているのは間違いないところだ。80年代の化粧品キャンペーン、90年代のアルペンやJRのスキー関連、現在ではauに代表される携帯電話関連などがまさにその例か。

 ところで今、自動車関連のCMが偶然にもすごいことになっている。しかも国内では少数派に入るスバル。
 ・レガシイ−三浦和良(サッカー)−L'Arc〜en〜Ciel
 ・インプレッサ−妻夫木聡−ポルノグラフィティ
 ・軽(ステラ、R2)−沢尻エリカ−ERIKA
 これで主力車種ほぼ全部をカバーしているから、会社の規模から見れば相当の広告費をつぎ込んでいると思われる。食品など単価の安いもの、嗜好品などを除けば異例の展開ではないだろうか(全部SONY系だがこれは偶然か・・・)。

 車関連では他にも興味深い動きが。絢香×コブクロは「日産cube」とのコラボレーベル第1弾シングルだったし、同じく日産では森高千里がCMソングを歌っている。またトヨタも、酒井法子が「世界中の誰よりきっと」(中山美穂&WANDS)をカバー、こちらはシングル発売が決定した模様。
 これまで80年代洋楽のヒット曲を起用するなどして購買層への訴求を狙っていたが、その形が今後少しづつ変わっていくのかもしれない。個人的には、ベテラン域に入ってしまったEPIC勢ソングライターあたりが賦活してくれると嬉しいんだけど。

posted by 覆面Z at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。