2007年06月08日

藤本にとってモー娘。脱退は既定路線?

 ようやくメンバー固定化と思いきや・・・ モーニング娘。の新リーダーになったばかりの藤本美貴が、写真週刊誌での熱愛報道を理由に突如グループ脱退を発表。今後はソロとして活動を続けるようだが、同時に発表されたコメントには微妙なホンネがのぞく一面もうかがえた。

 年齢、キャリアから言っても、吉澤卒業後のリーダー昇格は既定路線。一方で、もともとモー娘。オーディションに落選してソロデビューしながら、グループの人気がピークを過ぎるとともに半ば「呼び戻される」ことになり、ソロ活動はその後封印されてしまった。これが当時の彼女にとって本望だったかどうか。
 リーダーとなりいろんな意味で自由奔放な行動が取りづらくなった一方、週刊誌も次のターゲットということでタイミングを待っていたフシがある。もし報道されればグループ脱退でいいや、という覚悟が、すでに彼女の中にできていたのではないか。事務所側も、元メンバーの矢口や加護が脱退した時の前例と大幅に異なる対応はしづらい面があり、彼女の申し入れを受け入れるしかなかったのだろう。

 僕がその継続性を疑問に思っていた松浦亜弥とのユニット・GAMの活動は、全国ツアーのあともソロと並行しておこなわれるかもしれない。彼女にとっては想定内の結果かもしれないが、残されたモー娘。にとっては、誰が精神面でグループを引っ張っていけるかをはじめとしていよいよ試練の時になりそうだ。

posted by 覆面Z at 22:44| Comment(9) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。