2007年06月05日

6/6Al速報 ZARD以上に驚いたコブクロ9位

 続いて週間アルバムチャート。こっちの方は本来なら無風に近いはずだったのに、突発事項が2件発生し大変なことに。

 首位は竹内まりやがV2達成。枚数が7.6万枚まで落ちたのはやや物足りない気もしたけど、事前プロモーションで初動が高めに出ていたこととの差し引きでいくとこんなもんでしょうか。さすが後半は盛り返してきてデイリー1位を守ったのはさすが。
 さすがで行けば2位のBEAT CRUSADERSも大健闘。6万枚の初動はシングルのそれを比べれば、明らかに周辺層も巻き込んでいるし、前作と違ってひたすら売れ線一辺倒でもない中で自分たちのスタイルを確立して来た感じだから・・・ でもここくらいがひとつの限界かな。初動10万枚売れるバンドじゃないかな、って気も。やりたいこととの兼ね合いからはそのくらいがちょうどいいんでしょうけどね。

 で、3位にZARDの15周年記念ベスト盤が遺作効果で再浮上。300位圏外からのジャンプアップ、推定前週の60倍以上の売上、よくそれだけ在庫があったな、というか増産が間に合ったなというか(不謹慎だけど)。たまたまビーイングGIZA系アーチストの大物新作がなくてよかったのかもしれないけど、倉木麻衣あたり予定してたらどうなってたんだろ。とにかく他のベスト&最近のオリジナル、DVDなどいろんなところに波及しています。改めてご冥福をお祈りします。

 こっちは予測できたんだけど、もっと驚いたのがコブクロの9位再浮上。世の男性陣に勇気を与えたんでしょうか。藤原&陣内披露宴で陣内が弾き語りで歌ったという、「永遠にともに」効果らしいです。視聴率が関西では40%台まで言ったというけど(関西つながりもあってか)、ここまで追い風要因がありましたか(^^;) 最近の曲ですっかり取り残されている「君という名の翼」の存在ばかりが気になってしまう今日この頃。またバラードのイメージが・・・

 おめでたいムードにあずかりたいせいか、R35 J-Balladsも再浮上TOP10入り。あと邦楽はmihimaru、ミスチルの2組。代わり映えしませんね・・・
ALL SINGLES BEST (通常盤)
ワーナーミュージック・ジャパン
posted by 覆面Z at 22:08| Comment(6) | TrackBack(4) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

6/6Sg速報 リア健闘、鬼束もTOP10

 週間チャート速報が発表されました。メンバー的にはほぼ予想通りでしたが、下の方は微妙に並びが入れ替わる結果に。まずシングル。

 首位はL'Arc~en~Ciel「SEVENTH HEAVEN」が獲得。初動は11.2万枚と10万枚を超えてきましたが、やはり全体的にCDセールスが落ちてきてるんでしょうか。直近のGLAYが音楽配信にあまり積極的じゃなかったことを考えると、先行配信にかなり流れた部分もあるのかな、と。ちなみに曲は相変わらずダークな色が強いながら、ようやくバンドとソロの音的違いはわかってきました。他のメンバー(特にyukihiroあたり)のディスコなり4つ打ちのリズムは、HYDEソロではめったに出てこない音でしょうから。

 2位はaiko「シアワセ」。ノンタイアップ、複数種の仕掛けもなしにこの安定度はすごいです。例の破局報道などあり、ファンの動向が気になったんですが、彼女に関しては全く影響なし。逆に彼女の方から先に作品の形で答えを示されたような気分すらしますね。

 3位は喰いタン発ユニット、トリオ・ザ・シャキーン「愛しのナポリタン」。先週の時点で曲をまだ来てなかったんですが、正直言ってよく3位に入ったと思う。最年少・須賀は仕方ないとして、メインの2人もソロで歌うにはかなり厳しい・・・初動も5万枚弱に落ち着きましたね。
 逆に予想以上に3位に迫ったのがUVERworld。ほぼ4万枚というのがひとつのラインとして見えてきたと思うので、あとはバンドメンバーの認知度アップなり、シングルで「君の好きなうた」以外にもう1、2曲アップテンポじゃない曲がほしところかな。

 5位桑田、6位はセーラーふく(!?)と予想して7-10位の初登場組に。7位リア・ディゾン「恋しよう♪」 。自分で7位に予想しときながら、枚数を伴ってのこの好成績にびっくりです。デビューのときのご祝儀&話題性での購入はある程度剥げただろうから、楽曲あるいは彼女のアーチストとしての本気度が改めて評価されつつあるのだと思います。
 8位GReeeeN「愛唄」は厳密にはTOP10再登場。先日某テレビを見ていたらいつのまにか「覆面ユニット」になっていました(←当ブログのパクリとは言わないけど^^)。これもようやくちゃんと聴きました。確かにあの曲とあの曲を足して2で割った感じ。思うところがあるので、また今後記事を書きます。
 
 9位鬼束ちひろ「everyhome」が僕が予想で期待しすぎたかな。9作連続TOP10と見ればこの市は物足りないが、長いブランク後即TOP10という見方をすれば立派。Coccoなんかにもまだ残されてる課題だけど、このファンの期待をどこまで持続できるか、ですよね。作品的にはいいと思うけど、残念ながら小林氏のピアノにまだ声が押されてる印象。もう少し控えめな音でいった方が良かったと思うけど(それこそそのへんを熟知している羽毛田氏とのタッグが見たかったな・・・)、まあ合格でしょう。10位くるりはメンバー脱退が多少影響してるのかな。大きな下げではないんだけど、後半意外に伸びませんでした。

 柴咲、川嶋、上戸、加藤ミリヤ・・・やっぱり届きませんでしたね。
恋しよう♪(初回限定盤)(DVD付)
ビクターエンタテインメント
posted by 覆面Z at 21:17| Comment(6) | TrackBack(7) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。