2007年05月26日

最近の男性ボーカルのキーの異常な高さ

 最近のヒット曲を聴いていて気になることがある。90年代半ば以降のTKブームからavexアーチスト、R&B全盛期にわたって、女性ボーカルの楽曲がひたすら高音域を目指して作られていたときがあった。華原朋美、globe、あゆ、ELT、宇多田ヒカル、MISIAあたりがそうだろうか。

 で、近ごろ男性ボーカルのキーが異常に高くなっているような気がする。これまでもTHE ALFEE(高見沢)、B'z、スピッツ、GLAYなどはカラオケでも原曲で歌うのが厳しいほど高音域の歌が多かったが、大半が地声での音域だった。一方で直近の曲によく見られるのはファルセットを使って音域を上に広げているケースだ。

 先週の週間チャートでも、桑田佳祐、コブクロ、KinKi Kidsなど、初期の作品ではあまり使われていなかったアーチストの作品にファルセットが使われている(EXILEは今回はそう目立たないが過去の作品では結構出現率高し)。特に桑田の今作は、ラストにかけてほぼオールファルセット。
 ミスチルやSEAMOの昨年のヒット曲でもかなり目立つところに使われている。さらに直近では森山直太朗や中孝介、あと平井堅や槇原敬之などもともと地声とファルセットの境目がわかりづらい声質のアーチストも増えてきている。

 一方でバンド勢の多数は依然オール地声派だし、曲の多様性という意味では興味深いと思う。が、ヒップホップ系楽曲は歌詞を追うだけでついていけず、ファルセットに慣れていない世代には最近の曲も難しい・・・カラオケで歌われる曲が特定のアーチストに集中してしまう理由のひとつがここにあるような気がする。ジャニーズ勢や福山雅治あたりの「普通のキー」組に意外な希少価値が出てくるのかも。いずれにせよ、あまりに曲が難しくなりすぎると「みんなで歌える歌」は確実に減っていきそうな気がする。
明日晴れるかな (初回限定盤)
ビクターエンタテインメント
posted by 覆面Z at 20:18| Comment(5) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

いくらレコード会社がプッシュしても・・・

 デイリー初日の結果を見て「やはりそうだったか」という印象だった。レコード会社は相当力を入れているんだと思うが、TOP20にも入らなかった SUEMITSU&THE SUEMITH「Sagittarius e.p.」。前作に続いてアニメ「のだめカンタービレ」タイアップを取りつけながら、多くの人に聴いてもらうチャンスがあるシングル曲としての意義がいまひとつ見えてこない。

 前作は「Allegro Cantabile」というタイトルで完全に「のだめ」連動を試みたが不発。クラシックつながりで彼のピアノマンとしての音楽性を前面に出そうとしたのだろうが、タイトルからジャケットからアーチスト名まで難解な印象は改善されず。さらに、1stアルバム発売時のインタビュー、後の今回の新曲を聴く限り、従来路線からの歩み寄りもなさそうだ。

 同じピアノ弾き語りでも、アンジェラ・アキがその見た目と逆に、実は日本的&親近感がわくイメージでアーチストカラーを打ち出していったのと対照的だ。しかも、そのことによって楽曲の深みが損なわれるマイナス循環にも陥っていない。アルバムアーチストとしてそこそこの位置でいくなり、歌ものから早々に撤退してインストの方向を打ち出さない限り、無駄にタイアップを積み重ねるだけのような気がするのだが。
Sagittarius
キューンレコード
posted by 覆面Z at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | J-POPよもやま | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

5/23確報 レミオ&クリケイ大丈夫か?

 週間チャート確報です。速報で触れた新曲以外を中心に。しかし明らかなアニメタイアップ組やアイドル勢はともかく、一部アーチストにも急落&失速の傾向が出ているのが気になる(特に具体的にはタイトルの2組です・・・)


●永遠の翼 B'z(5位)
 先週首位から4つダウン。やはり8割以上の減だった。うーん、来週はTOP10圏外直行か?
●きよしのソーラン節 氷川きよし(7位)
あばよ 氷川きよし(10位)
 演歌の補正がきいてか、両方とも2週め揃って残留。ただ、4つ下げに8つ下げって本当にアイドルみたいな動きになってきた。昨日のデイリーでは両方とも20位から消えてるし・・・

●千の風になって 秋川雅史(11位)
 3つダウン。さすがにここ踏ん張っていた枚数も落ちてきました。ミリオンは?
●しおり Aqua Timez(12位)
 7つダウンで1週で圏外。新曲の多さを考えると仕方ないのかもしれないが。
●ドラマチック Base Ball Bear(13位)
 初。前作最高位26位から着実にアップしているのだが、デイリー出足を考えると週間までは息が持たなかったなあ、という印象。いずれにせよ今年の注目株だとは思うけど。
●We can make it! 嵐(14位) 
 ここまで1万枚超。3週めで8つダウンでこの位置、やはり「花男」効果ってそんなにあったのか?
●蛍/RUN レミオロメン(15位)
 11ランクダウン。Aquaにも抜かれました。実はORANGE RANGE以上に事態は深刻?

●Cry Baby SEAMO(16位) 4つダウン。
●蕾(つぼみ) コブクロ(17位) 4つダウン。
●ゆめかぜ 五木ひろし(18位) 枚数微減ながら2つアップ。
●花 中孝介(19位)
 TOP30圏外から再?浮上で最高位記録。Mステ効果が如実に出たか。せめてGW前の出演ならもう少し面白いチャートアクションが期待できたんだけどな・・・
●真っ赤な糸 Plastic Tree(20位)
 初。「音楽戦士」のプッシュ曲ってたぶんこのくらいの効果しかないと思うんだけど。

●Awaking Emotion 8/5/my brand new way ウエンツ瑛士,小池徹平(21位)
 5つダウン。いつものWaTより粘ってます。
●ひとり薩摩路 水森かおり(22位) 3つ再浮上。女性演歌の筆頭株になりましたね、すっかり。
●United Force 栗林みな実(23位)
 初。だいたい実力的にはこんなところですか。
●僕は君を愛してる ジョンフン(24位)
 初。デイリー初日10位に飛び込んできたんで期待したが、もはや韓流アーチストも既存組が生き残るのでせいいっぱいの状況。
●ハッピー☆彡 月島きらりstarring久住小春(モーニング娘。)(25位)
 14ランクダウン。

●Dream Lover INFINITY 16 welcomez 湘南乃風,MINMI,MOOMIN(26位)
 4つダウン。
●銀色の空 redballoon(27位)
 DOESと入れ替わって17ランクダウンとすっ飛びました・・・
●BRAND NEW SONG KinKi Kids(28位) 11ランクダウン。
●ここにいるぜぇ! アテナ(29位)
 初。元モー娘。辻ちゃんです。ま、やむなしか。
●あなたのそばで Crystal Kay(30位)
 初。前作最高位14位から大きくダウン。ここにも事態が深刻なアーチストが。アルバムの間隔もちょっとあきすぎた感が。学業が終わってアーチスト活動に専念するとパワーダウンしてしまうというジンクスがSONY系アーチストにはあるんだろうか・・・

 ちなみに先週最高位&今週圏外は田村ゆかり(7位)とkannivalism(9位)。どっちもマジョリティーをつかんでるという感じじゃないですもんね。

 アルバムです。 ミスチルB-SIDEが2週めも8.5万枚を売り好調持続。mihimaru GT、アヴリル、R35と順当に並んでます。B-DASHが28位に顔を出してるけど、全般的に邦楽はジリ貧です。来週から新譜がちょっと増えてくるようなんで期待かな。

posted by 覆面Z at 21:07| Comment(4) | TrackBack(3) | チャート結果速報 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。